コラムcolumn

品質管理

便秘解消!はたらくおなかを応援する!発酵食品のスゴイ働き!

私たちの日々の食事でもなじみ深い「発酵食品」。しょう油や味噌をはじめとした和の調味料や納豆、チーズ、ヨーグルト、ワインをはじめとしたお酒類等、食卓やスーパーで見かける機会も多いですね。もともとは保存を目的としてつくられた発酵食品ですが、今では私たちの健康維持にとても役立つ食品としても知られています。腸内環境を整え、体に有益な発酵食品の働き、詳しくみていきましょう。

微生物の働きで食べ物をパワーアップ!発酵とは?

「発酵」とは微生物のチカラで、私たちの健康に役立つ様々な働きや有益な物質を生み出すこと。
そうして生み出された「発酵食品」は、私たちの体に嬉しい様々な作用をもたらします。

ここでは発酵によってもたらされる体に嬉しい4つの特長をご紹介いたします!

1.食材を長持ちさせる!
ヒトに有用な微生物(乳酸菌など)が繁殖することで、他の腐敗菌の増殖を抑え、保存性が高まります。

2.栄養アップ!さらに消化吸収もアップ!
納豆菌がビタミンKをつくるなど、発酵することでもともとの食材にない栄養がつくられます。さらに微生物がつくりだす酵素の働きで、もとの状態よりもさらに消化吸収しやすくなるのです。

3.旨味のアップ!
微生物が食材の中のたんぱく質などをアミノ酸(旨味のもと!)に分解し、さらに糖分も分解する事で、食材の甘味をより引き出し、発酵食品独特の美味しさをつくります!

4.腸内環境を整える!
発酵に関わる乳酸菌や納豆菌が、腸内を弱酸性に保って悪玉菌の増殖を抑え、便秘の予防・改善や免疫力の向上といった働きで、私たちの健康維持に貢献します。

現代の私たちの食事では、保存性を一番に意識する事は少ないかもしれません。最近、それ以上にクローズアップされているのは、腸内環境の改善による整腸作用や美肌効果、抗酸化作用による老化の防止といった、私たちの健康や美容に役立つ様々な働き。

発酵食品への期待は益々高まってきています。

画像600×420

発酵して健康を支える「乳酸菌」の働きと腸内環境

食品の発酵に力を貸してくれる代表的な微生物として、カビ、酵母、細菌が挙げられますが、その働きから最も注目されているもののひとつが「乳酸菌」。

生きて腸に届いた乳酸菌は、腸内で糖を分解し、乳酸や酢酸といった私たちに有益な働きをする酸を生み出ます。乳酸や酢酸は腸内環境を弱酸性に保ち、悪玉菌の発生を抑え、善玉菌優位の良好な腸内環境に整えることで、便秘の予防や改善といった整腸作用や腸の免疫力の活性化を促すのです。

細菌の仲間である乳酸菌は、人の健康に役立つ菌(プロバイオティクス)としての働きに加え、菌自体にも免疫力を向上させアレルギーなどを抑える、といった働きが認められています。

この乳酸菌による発酵を利用した代表的な発酵食品は、ヨーグルトや野菜を使ったお漬物!

おなかの調子を整える発酵食品としてヨーグルトは欠かせない存在ですが、お漬物に代表される野菜を使った発酵食品は、乳酸菌が含まれているだけでなく、植物を原料としているので食物繊維も合わせてとることができます。

発酵による有益な働きと豊富な食物繊維、お漬物を上手に食事に組み合わせ、腸(おなか)の健康づくりに活用できるとよいですね!ただし一般的にお漬物は塩分も高めですので、食べ過ぎにはご注意を!

画像600×420

腸内フローラを整え、ダイエットにも役立つ発酵食品の働き

和食は低カロリーで健康的な食事として世界に知られています。
実はその要因の一つとして、日本の食文化に根付いた「発酵食品」の働きがあると考えられているのです。

一般的な和食(定食)を思い浮かべてみてください。ご飯にお味噌汁、香の物、納豆、お醤油味の野菜の煮物・・・。
意識しなくても、発酵を利用した料理がたくさん並びますね。

発酵食品のこまめな摂取は腸内の善玉菌を増やし、腸内フローラを良好なバランスにする事で、不要なものや老廃物を便としてスムーズに腸内から運びだしてくれます。

さらに、大豆から出来る味噌に含まれる旨味成分のグルタミン酸や、だしの元となるかつお節に含まれるヒスチジンなどのアミノ酸を食事からこまめに摂る事は、体への脂肪の蓄積を抑えられると言われています。

日々の食事で内臓脂肪の蓄積を抑えることは、メタボや生活習慣病の予防にとても有効です。
さらにダイエット後のリバウンド予防もあわせて効果が期待されていることからも、ぜひ習慣化してとりいれたい食品ですね。

たんぱく質や脂肪が多く、食物繊維が少ない現代のわたし達の食生活において、その優れた働きと価値が再認識されているのです。

画像600×420
【まとめ】

昔から世界の食生活に深く根付いている発酵食品。近年は保存性だけでなく、その健康への働きにスポットライトが当てられ、日々研究が進められています。朝ごはんに納豆やお味噌汁を食べるなど、まずはできるところから一つ、習慣にできると良いですね。青汁とともに発酵食品を上手にとり入れ、良好な腸内環境を実現しましょう!

【身近な発酵食品の例】
発酵食品を取り入れるには、何を食べれば良いのでしょうか?
そのヒントとなる、身近な発酵食品をいくつかご紹介します。

食品
・穀類:米麹、塩麹、甘酒
・お漬物:奈良漬、わさび漬け、べったら漬け、ぬか漬け、すぐき漬け、キムチ、メンマ、ザーサイ
・肉類魚類:カツオ節、生ハム、くさや、サラミ、アンチョビ
・乳製品:チーズ、ヨーグルト、サワークリーム、発酵バター
・大豆製品:納豆

調味料
味噌、醤油、お酢、お酒

お茶
紅茶、ウーロン茶、プーアール茶

【参考URL】
日本食からみる発酵食品の多様性と日本人の健康―肥満を中心に
https://www.jstage.jst.go.jp/article/cookeryscience/43/2/43_131/_article/-char/ja/