コラムcolumn
品質管理

青汁活用!年末年始の疲れた体をケアするやさしいごはん・実践編

年末年始はお酒を飲む機会も多い時期。外食が続いたり、忙しく不規則な時間の食事が続いたりすると、どうしても胃腸に負担がかかりがちです。胃腸を健康に保つ事は、年末年始を健康に過ごすカギ!胃腸をケアするごはんのポイント、みていきましょう。

年末年始、疲れた胃腸をケアするごはんの栄養法則

主にたんぱく質を消化する役割を持つ胃は、常に胃酸にさらされています。通常、胃は粘膜を張って胃酸から身を守っていますが、暴飲暴食が続いて胃酸の働きが強くなりすぎると、粘膜が胃を守りきれず、胃が荒れてします。

特にアルコールや辛い物といった刺激物ばかりが続く食事は要注意!

胃腸が少し疲れているなと感じたら、オクラ、めかぶ、里芋などの「ネバネバ成分」を含む食品をとりいれましょう。ネバネバ成分が、胃腸の粘膜を保護してくれるのです。

さらにこれらのネバネバは水溶性食物繊維として腸に届き、善玉菌のエサとなる働きも持っています。腸内環境を整えてスムーズなお通じの手助けにもなります。

また食事の基本、良く噛んで食べる(食べものをより消化しやすくする)こともやはり大切です。

大根や山芋など消化酵素を含んだ食品を選んで、消化の手助けをしてあげるのも良いですね。この季節、大根は旬を迎えて美味しさもアップしていますので、ぜひ取り入れてみてください。

胃腸は食生活や飲酒の他、ストレスなどによっても調子を崩してしまう事があります。忙しい時期だからこそ、胃腸にやさしい賢いごはんで、ココロもカラダもゆとりをもって過ごしたいですね!

画像600×420
【ワンポイントチェック】お酒のおつまみチェック!
年末年始(だけではありませんが・・)お酒を心おきなく楽しむためにも、おつまみを上手に選ぶことが大切!実は居酒屋メニューにも、胃腸を労わった食材がたくさん使われているのです。
・食物繊維やネバネバのチカラで胃・腸の働きを助ける→枝豆、オクラ、キノコ、山菜、海藻、山芋など
・発酵のチカラで胃・腸の働きを助ける→ぬか漬け、納豆、チーズ、キムチなど

バテない丈夫な体をつくる、ビタミンB群の働きに注目しよう!

活動するためのエネルギーや体を守るために、私たちは様々な栄養素を必要としています。その中でも多くの場面で活躍し、種類も多いのが「ビタミンB群」の栄養素。その種類は、実に8種類です!

■ビタミンB群に含まれる栄養素
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン

8種類それぞれが、体にとり入れられて重要な働きを担います。元気に活動するためのエネルギーづくりを手助けしたり、爪や肌、髪の毛を健康な状態に保ったり、粘膜を保護したり…。日々の健康や美容ケアの為に、いずれも欠かせないのがビタミンなのです!

ビタミンB群は主にレバーをはじめとした肉類、魚介類、乳類、豆類などのたんぱく質源となる食品や葉物野菜に含まれます。偏りなくいろいろな食品を食べて補うようにしたいですね。

画像600×420
【ビタミンB群の食品例】
・豚肉(特に豚ヒレ肉)、たらこ、うなぎ、大豆、玄米(ビタミンB1)
・レバー、海苔、うなぎ、卵、チーズ(ビタミンB2)
・レバー、カツオ、マグロ、納豆、バナナ(ビタミンB6)
・魚介類・魚卵(しじみ、赤貝、あさり、さんま、いくら、たらこなど)、レバー、海苔(ビタミンB12)
・まいたけ、たらこ、まぐろ、カツオ、落花生(ナイアシン)
・レバー、鶏肉、卵、大豆(パントテン酸)
・レバー、うなぎ、枝豆、モロヘイヤ、ほうれん草、海藻類(海苔、ワカメ)(葉酸)
・まいたけ、落花生、レバー、海苔(ビオチン)

【ワンポイントチェック】アルコール代謝で失われるビタミンやミネラル!
例えばビタミンB1はアルコールを分解する際の補酵素として働き、お酒の量が多い程、大量に消費されてしまいます。お酒のおつまみとしても緑黄色野菜のサラダなどで補給しましょう!

年末年始の体調管理のヒント!

年末年始の慌ただしい生活、しっかり乗り切るにはやはり体調管理が最も重要。以下の3つの点に注意して、自分や家族の健康を改めて見直してみましょう!

1. 食べすぎ注意!
ついつい食べてしまう間食、油や砂糖が多い食品など、食べすぎて余計なエネルギーをとっていないかをまずチェック!エネルギーの過剰摂取を抑えましょう。

2.代謝アップ!
体は基礎代謝と呼ばれる、生命や体内の働きを維持するエネルギーを常に消費しています。ストレッチやウォーキングなど適度な運動で、この基礎代謝を下げない事がまずは大切。さらにビタミン・ミネラルを十分に補給し、エネルギーを効率良く生み出す基盤を作りましょう。

3.良好な腸内環境づくり!
偏った食事で腸内フローラのバランスが乱れると、便秘や下痢などのおなかの不調を引き起こしがち。また免疫機能の7割が集まるとも言われている腸の健康を保つことは、体全体の不調を未然に防ぐことにもつながります。食物繊維や乳酸菌など、腸内環境を整える食品を積極的に取り入れて、腸(おなか)の健康づくりを意識しましょう!

画像600×420

青汁の生活リセット活用!

体調管理は日々の積み重ねが大切ですが、特に年末年始の「食べすぎ・飲みすぎ」には、こまめな食の調整が必要になります。
そこで注目したいのが青汁の生活リセット活用!疲れた胃腸をリセットする3つリセット、ご紹介いたします!

【その1】食べすぎリセット!
青汁に含まれる食物繊維が糖の吸収を抑えて、血糖値の急激な上昇を防ぎ、過剰な中性脂肪の蓄積を抑える働きが期待できます!

【その2】体調リセット!
老化予防や免疫力アップが期待できるポリフェノールや、体を作るアミノ酸、代謝に関わるビタミン・ミネラルなども手軽にとれるのが嬉しいですね。

【その3】腸内リセット!
食物繊維がしっかりと便をつくり、有害物資を体外に排出、腸内環境を良好に整えます!さらに、青汁に善玉菌のエサとなるオリゴ糖をプラスして飲む、といったアレンジで、さらに腸内の善玉菌を応援する効果も期待できますよ。

偏った食事や野菜不足の解消に、青汁の生活リセットを活用し、自分のカラダ、家族のカラダ、やさしくいたわってあげましょう。

【まとめ】

年末年始、体の不調を感じたら、まずは食生活をチェック。健康を守るキーポイントは、体にとりいれる栄養とそのコントロールです。青汁を上手に活用し、健康で楽しい年末年始を過ごしましょう!

【参考URL】
食生活及び生活習慣に及ぼす飲酒量の影響
https://www.jstage.jst.go.jp/article/eiyogakuzashi1941/53/5/53_5_327/_article/-char/ja