コラムcolumn

品質管理

便秘解消に、美肌も期待!腸内改善の優等生、アボカドと青汁を活用!

お洒落な料理でも多くみかける、注目の食材であるアボカド。皆さんはどんな時にアボカドを食べていますか?美容に良い食材として聞くけれど、普段の食事に取り入れるにはどうしたら良いだろう、と思っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?今回はそんな話題の食材、アボカドについてです!

女性に嬉しい働きがこんなに!アボカドが注目される3つの理由

滑らかな舌触りや濃厚な味わいが人気のアボカド、実は美容ケアやアンチエイジングに役立つ、女性に嬉しい成分をたくさん含んだ果物なのです!

その1.良質の脂質を含む「森のバター」
アボカドの果肉は、なんと20%が脂質で出来ています。アボカドの脂質は、動脈硬化やコレステロールの過剰にため込むことを防いだり、ニキビなどの肌トラブルを改善したりする効果が期待できる、良質な脂質なのです。

その2.「食べる美容液」ギネスも認定!栄養価の高い果物
アボカドは脂質以外にも、女性に嬉しい成分を多く含む、まさに「食べる美容液」!
老化防止に効果的なビタミンCやビタミンE、美しい髪や肌を作るのに欠かせないビタミンB群を含み、むくみ予防につながるカリウムをはじめとした、各種ミネラルも含みます!
さらに貧血予防や妊娠に備えて摂っておきたい葉酸(ようさん)も豊富。女性の健康と美容をしっかりサポートしてくれる、とても頼もしい果物なのです!
幅広く食品を組み合わせる事はバランスの良い食生活の基本ですが、もしアボカドだけでも、色々な栄養素を取り入れる事が出来ますね。

その3.腸にも嬉しい「食物繊維たっぷり」
特に女性にお奨めしたいポイントが、アボカドに含まれる食物繊維。アボカドには水溶性と不溶性2種類の食物繊維が理想的なバランスで含まれています。食物繊維は便秘の解消や腸内環境を整えるのに欠かせない存在!しっかりとってキレイな腸を保ちましょう。

画像600×420

美容、健康に効果を期待!コレステロールを抑える不飽和脂肪酸の話

アボカドの一番の特長は、やはりたっぷりの良質な脂質!ここではアボカドに含まれる「不飽和脂肪酸(ふほうわしぼうさん)」について、詳しくみていきましょう。

脂肪は脂肪酸(しぼうさん)と呼ばれる成分が組み合わさって作られていて、このつながり方によって飽和脂肪酸(ほうわしぼうさん)と不飽和脂肪酸に分けられます。このうちアボカドに多く含まれるリノール酸やα―リノレン酸といった不飽和脂肪酸は、他の食材では、植物や魚介類に多くみられる脂肪酸です。

例えばオリーブオイルに含まれるオレイン酸なども不飽和脂肪酸の一種で、悪玉コレステロールの値を低下させ、血液をサラサラにする効果があるといわれています。

青魚に含まれるのが有名なDHA(ドコサヘキサエン酸)やIPA(イコタペンタエン酸)ですね。これからは、血液をサラサラにする作用や血栓の防止、粉症などのアレルギーの予防に効果的とされています。

またα-リノレン酸・リノール酸・アラキドン酸の3種類は、「必須脂肪酸(ひっすしぼうさん)」と呼ばれる、体内で作り出せない脂肪酸。つまり、必要な量全てを食べ物からとる必要があるのです。必須脂肪酸が不足すると、肌の潤いが失われやすく肌荒れや生じたりする事も。これは必須脂肪酸が、肌を刺激から守る働きを持つ成分の材料となるためです。

脂肪酸にもたくさんの種類があります。大切なのは飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸をバランス良く摂取する事。それぞれに特徴がありますが、過不足なく合わせて摂る事で、お互いの足りない要素を補っているのです。

アボカドの他にも、肉や魚、牛乳、卵、他の果物など、多くの食品からとる事を心がけましょう。

画像600×420

簡単、実践!アボカド×青汁の活用、女性に嬉しい食べ方のヒント!

アボカドの豊富な栄養素を無駄なく体に取り入れる為に気を付けたいのが、その食べ方。
アボカドは是非、生で食べることをオススメします!

■アボカドを生で食べたい理由!!

1.ビタミンまるごと、美肌効果をパワーアップ!
アボカドに含まれるビタミンには油に溶ける不溶性ビタミンと、水に溶ける水溶性ビタミンがあります。このうち、水溶性ビタミンは熱を加えると一部が失われてしまいます。せっかくの豊富なビタミン、生で食べて丸ごととってしまいましょう!

2.不飽和脂肪酸の劣化を防ぐ!
不飽和脂肪酸は、熱を加えると酸素と結びついて、過酸化脂肪酸(かさんかしぼうさん)に変わり、品質が落ちてしまいます。過酸化脂肪酸は動脈硬化の促進など、体にとって有害な作用を引き起こすので、体にはなるべくとり入れたくない物質。脂質の良さを活かすためにも、生のまま新鮮さを保った状態で食べたいですね。

ひとつだけ注意点!アボカドは脂質が多い分、やはり高カロリーです。果物の一種ではありますが、食事の他にさらにプラスしてデザート感覚で食べてしまうと、カロリーオーバーになってしまう事も考えられます。いつもの食事の中で、上手に取り入れるようにしたいですね。

画像600×420
【相乗効果で栄養素を強化!アボカド入り青汁スムージー】
牛乳で作った青汁と小さめに切ったアボカドをミキサーに入れ、滑らかになるまで混ぜ合わせて完成!
青汁とアボカド、どちらにも豊富な食物繊維が腸内環境を整えてくれます。
さらにアボカドや牛乳の糖質と脂質で、カロリーや腹持ちの良さもしっかり確保。
忙しい日の朝食に取り入れたり間食のお菓子に置き換えて飲んだりすると、一日の栄養素のバランスもより整いますね。
バナナなどのフルーツはもちろん、お好みで善玉菌のエサになるオリゴ糖やはちみつ、きな粉でアレンジして、バリエーションを楽しんで!

【まとめ】

健康と美容に効果的な成分をたっぷりと含んだアボカド。どんな風に取り入れるのが良いか、イメージが沸いてきましたか?美味しく食べて、日々の健康やアンチエイジングにつながるなんてまさに一石二鳥!ぜひ、青汁同様に日々の食事に取り入れてみてくださいね。