コラムcolumn

品質管理

便秘解消にダイエットも期待!「腸活」がうみ出す「短鎖脂肪酸」の働き

様々なメディアで話題の人気トピック「腸活」。皆さんも意識してみた事はありますか?
体にとって良い働きをする「腸内フローラ」のバランスを整えることは、便秘の改善や免疫力アップといった、たくさんのメリットをもたらします。その中でも最も有益な一つと言えるのが、今回ご紹介する「短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)」。腸活が産み出す短鎖脂肪酸の働きを一緒に調べてみましょう!

腸活とは?/はたらくおなかの元気をつくる!

「腸活」とは腸内に住む細菌(腸内フローラ)のバランスを整え、腸内環境を良好に整えることで、便秘の解消や免疫力の活性化など、体によい効果を実現することです。

元気な腸(おなか)を維持するために大切なこと、それは私たちに健康をもたらす善玉菌が住みやすく、活躍できる腸内環境をつくること。

そのために、腸(おなか)にやさしく、腸内フローラのバランスを整える、毎日の食べ物を考えていきましょう。

まず挙げたいのが、ヨーグルトや発酵食品といった健康に役立つ善玉菌(乳酸菌など)を含む食べ物です。
腸(おなか)に有益に働く菌を取り入れることは腸活の基本と言えます。

そしてさらに大切なのは、もともと腸内に住み着く善玉菌の働きをサポートする食品を取り入れること。

食物繊維は便をつくり有害物質の排出を促すとともに、善玉菌のエサとなり良好な腸内のバランス、善玉菌が働きやすい環境づくりをサポートします。

また、代表的善玉菌であるビフィズス菌の大好物、オリゴ糖も忘れてはいけません。
オリゴ糖は糖質のなかでも優先的にビフィズス菌のエサとなりその働きを活発にし、腸内環境の整備にチカラを発揮!

反対に、腸に負担をかけてしまう脂の多いお肉料理や揚げ物は、食べ過ぎると悪玉菌を増やしてしまします。
脂質に偏った食事が続いてしまう時には要注意です!

腸活とはおなかにやさしい食生活から皆さんの元気をつくること。
キレイな腸を手に入れ、便秘の解消や美肌を目指しましょう!

画像600×420

有益物質「短鎖脂肪酸」の働きを知る!

善玉菌が食物繊維やオリゴ糖などを分解することで産まれるのが腸(おなか)にとっての有益物質「短鎖脂肪酸」。

乳酸菌やビフィズス菌といった有益な菌(善玉菌)の働きにより産み出される短鎖脂肪酸は、腸内を弱酸性にして悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌の住みやすい腸内環境を整え、私たちの健康に貢献する、とても重要な物質です。

短鎖脂肪酸とは酢酸、プロピオン酸、酪酸などの有機酸のことを指します。
腸内細菌の働きにより、食物繊維やオリゴ糖はこういった物質に分解されることで、私たちはこれを有効に活用することができるようになるのです。

短鎖脂肪酸は、栄養(エネルギー)としてとりいれられる面と、栄養の吸収を促すといった体の働きを調節する面、この二つの面から私たちの健康を支えています。

栄養面でみると、大腸から吸収されたのち、酢酸やプロピオン酸は肝臓や筋肉で、酪酸は大腸で、それぞれエネルギーとして利用され、私たちは1日の必要エネルギー量の2~10%ほどをこの短鎖脂肪酸から得ているのです。

また短鎖脂肪酸には、水分やカルシウム、マグネシウムといったミネラルの吸収を促進し、さらに大腸内の便を肛門に運ぶ「ぜん動運動」を活発化させる働きもみられます。

さらに肝細胞に取り込まれた短鎖脂肪酸はコレステロールをつくる酵素の働きを抑え、コレステロールを低下させることにも働いているのです!

画像600×420

ダイエット効果も期待!快腸がもたらす脂肪と短鎖脂肪酸の関係!

腸内環境とダイエット、関係があるのをご存じですか?
実は腸内細菌やそれらが生み出す短鎖脂肪酸は、肥満の予防にも効果が期待されているのです!

食べ物より直接得られるブドウ糖や脂肪酸といったエネルギーと同時に、腸内細菌によって短鎖脂肪も私たちのエネルギーとして吸収され、血管を通して全身を回ります。

炭水化物や脂質など、食事からエネルギーをとり過ぎてしまったときなどは、血中の短鎖脂肪酸も過剰な状態になっています。

脂肪をため込む働きをもつ脂肪細胞は、過剰な短鎖脂肪酸が近づくと、脂肪細胞の中にあるセンサーがそれを感知し、その働きをストップ!
脂肪の蓄積を抑えるとともに、過剰に吸収した脂肪を消費するよう、体に働きかけるのです!

体にはいつも変わらず、体内バランスを保とうとする働きが備わっています。
この仕組みによって、過剰なエネルギーが体内に吸収された場合、脂肪の蓄積が予防されるよう、またより活発に脂肪が消費されるように働くわけです。

その働きのカギになるのが、短鎖脂肪酸。

腸内細菌や、その働きで産み出される短鎖脂肪酸という点からみても、肥満予防には十分な食物繊維を摂取し、良好な腸内環境を保つ事がとても大切ですね。

画像600×420
【まとめ】

腸内細菌はその存在自体が腸内環境のバランスに影響を与えるとともに、短鎖脂肪酸といった私たちの体に役立つ成分を生み出すことで、自らが住む環境を整え、同時に私たちの健康を保ってくれているのです。善玉菌が活躍する元気な腸(おなか)を作るためにも、食物繊維を含む食品や青汁、発酵食品を積極的にとり入れていきたいですね!

【参考URL】
プレバイオティクスから大腸で産生される短鎖脂肪酸の生理効果
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jim1997/16/1/16_1_35/_article/-char/ja/
食事由来腸内細菌代謝産物、短鎖脂肪酸と宿主代謝制御
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jln/24/1/24_33/_article/-char/ja/