コラムcolumn

品質管理

便秘や肌荒れを改善する、いらないものをためないカラダ。青汁がサポートする、デトックスの良いところ。

最近カラダが重い…と感じたら、それはカラダが色々なものをため込んでしまっているからかもしれません。
私たちのカラダは日々新しく生まれ変わります。
そのサイクルが滞りなく運ぶためには、新しい栄養素を上手にとり込み、古くなったものやいらないものをしっかりと外に出していくことが大切。

いらないものやよくないものをスムーズに引き算して、毎日の健康や美しさのベースになるキレイな状態に戻すこと。
「ためないカラダ」の秘訣を探っていきましょう!

デトックス

デトックスって何だ?

「デトックス」とは、カラダにたまった「いらないもの(老廃物や毒素)」を外に出して、カラダをすっきりキレイに戻すこと。

普段、老廃物や毒素といったカラダにいらないものは、便や尿、汗などとしてカラダの外に出されますが、この排出が上手くいかず、出されるべきものがたまっていってしまうことがあります。

老廃物や毒素が上手く外に出されないと、便秘やむくみや肌荒れ、体臭の原因となり、さらには腸内に便が長く留まってしまうことから、腸内環境を悪化させ、老化やさまざまなカラダへの悪影響が生じてしまうのです。

良いものをとり入れていらないものを外に出す、
美肌やダイエット、アンチエイジングに欠かせないキレイで健康なカラダづくりには、まず「ためない」こと、そしてしっかりと「出す」こと、この二つの視点がとても大切ですね。

ためないからだ

私たち、老廃物がたまってしまうのはなぜ?

毎日の生活、気をつけているつもりでいても、ためこまれてしまう「いらないもの」。
それは食事や生活習慣、ストレス、加齢などさまざまな要因が考えられますね。

例えば冷え性や辛い肩こりは、血行不良でいらないものがたまってしまっているからかもしれません!
指先が冷たい…姿勢ががちがちに固まっている…そんなときは、要注意です。

血液の仕事は、カラダ中を回って酸素や栄養を「運ぶ」こと。
血の流れが良くないと、酸素や栄養などカラダに必要なものがすみずみまで運ばれにくくなったり、いらなくなったものが上手く運ばれなかったり、滞った状態になってしましいます。

すると、栄養からカラダのエネルギーを生み出す「代謝(たいしゃ)」がうまく行えず、古いものが新しいものに生まれかわるカラダの仕組みにも悪影響がでてきてしまうのです。

特に女性でお悩みの方が多い便秘も、まさにいらないものがたまってしまっている状態。
便をスムーズに外に出せないのは、野菜不足の食事や不規則な生活などで、悪さをする腸内細菌(悪玉菌)が増えてしまうことなどがその要因です。
便秘が進むと、悪玉菌が活発化し有害物質を生み出して、腸内環境はさらに悪化、増々悪い循環に陥ってしまします。

いらないものをためないカラダは、食事や運動など身近な生活習慣を整えることから改善していきましょう!

食事の栄養バランスを見直して、ウォーキングなどの適度な運動をプラス!
生活習慣を整えることは、無理のない、健康的なダイエットにもつながりますね。

老廃物や気になる脂肪、いらないものをカラダからスッキリ出して、ためない毎日の実践です。

食物繊維のはたらき

腸活にダイエット、注目は「食物繊維」の働き

いつもの生活の中で、最も実践しやすいのが食物繊維のチカラを借りた「食物繊維」デトックスと言えます!

腸の掃除役ともいわれる食物繊維は、おなかの調子を整える腸活やダイエットの強い味方!
その働きは大きく二つあります。

■食物繊維のはたらき

1. 便をつくり、老廃物を外に出す
大腸に届いた食物繊維は便のもとをつくり、老廃物や毒素など、いらないものを巻き込んで、一緒に外に出す働きをします。

余分なコレステロールなども一緒に吸着してくれるため、生活習慣病の予防にも期待大!
しっかりした便をつくることが腸の活動を刺激することにつながり、便を排出する腸の働きもよりスムーズになるのです。

2.糖の急激な消化吸収をおさえる
糖質が一気に吸収されると、体内では血糖値が急激に上がり、結果として余分な糖は中性脂肪としてカラダにため込まれやすくなってしまいます。

この糖の吸収速度を緩やかにし、血糖値のあがりすぎによるカラダへの悪い影響を予防してくれるのが食物繊維。
太りやすいカラダになるのをブロックし、肥満がきっかけとなる生活習慣病を遠ざけます。

また腸に届いた食物繊維の一部は、善玉菌のエサになって、善玉菌を増やします。
エサを得た善玉菌はその働きが活性化し、悪玉菌が増えることを抑え、より良好な腸内環境づくりに力をつくすのです。

腸内環境が良い状態に整うと、免疫力の向上や代謝アップなど、カラダ全体の健康にもつながっていきます。
食物繊維はデトックスに欠かせない、腸活やダイエットの中心的存在と言っていいでしょう!

朝のチャンス

朝ごはんからつくる毎日のリズム、青汁をとりいれて食事で実現、体にやさしいデトックス

お通じにもリズムが大切。
スムーズで自然な排出を促すために、「朝」のチャンスを確実に捉えましょう!

毎朝の自然なお通じを促す効果的な方法は、まず起きたらコップ1杯の水を飲むこと!
それからしっかりと朝ごはんを食べることです。

寝ている間に食べものの消化吸収を行った胃腸は、朝には空っぽに近い状態。
より刺激が伝わりやすいこのタイミングを逃がさず、お水や食べものを胃腸に送ることで、それが腸への刺激となって便を外に出す働きが活発になります。
朝の軽くて気持ちのよいおなかのために、遅い夕食や脂っこいものを避けるのもポイントですね。

「デトックス」の基本は、老廃物を便や尿からしっかり出すこと。
いらないものを外に出す、無理のないサイクルをつくることこそ、「デトックス」の目標と言えるかもしれません。

毎朝の自然なお通じの習慣、その強い味方になるのが食物繊維。
「食物繊維」デトックスには、青汁から朝食をスタートする「青汁ファースト」も効果的です。

青汁ファースト

青汁ファーストは、つまり食物繊維ファースト。
血糖値のコントロールにも役立つ食物繊維を最初にとって、おなかの準備はOK!
そのあとに続く美味しいゴハンでしっかりとエネルギーチャージです!
忙しい朝には、青汁をプラスするだけの手軽さも嬉しいですね。

気持ちよい朝の光浴びてからの、スッキリと自然なお通じでカラダにいらない毒素を排出。
青汁ファーストからの朝食で食物繊維を補って、続けやすくカラダに優しいデトックスを毎日実践しましょう!

【まとめ】
青汁

デトックスの最初の一歩は、やはり私たちにとって一番身近な、毎日の食事から!
食物繊維やミネラルをたっぷりとって、カラダにたまったいらないものを大掃除。
むくみや便秘にも悩まない、軽くてイキイキとしたカラダを目指しましょう!

【参考文献】
食物繊維の必要性と健康
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-001.html