コラムcolumn

品質管理

青汁で補給できる「葉酸」はどんな効果があるの?

葉酸の効果とはどんなもの?

多くの方が一度は耳にしたことがある成分だと思いますが、この葉酸はビタミンB群の一種に数えられるものです。
特徴としては下記のようなことが挙げられます。
動脈硬化の予防、血中コレステロール値の抑制、虚血性心疾患を防ぐ効果などがあるといわれています。
その他にもビタミンB12と協力しあって赤血球を生成してくれる役目などがあり、健康を維持する上では欠かすことができない栄養素となっています。

葉酸の1日の摂取量目安としては成人男女は240μgとされていますが、妊婦の場合はおおよそ2倍以上の摂取が推奨されています。
その理由は葉酸を摂取することによって生まれてくる赤ん坊の神経管閉鎖障害などのトラブルを大幅に軽減させることが期待できるためです。

ただ食事での摂取は非常に難しく、なかなか簡単に摂取できません。その理由は葉酸が熱・水に弱いためです。大半が調理中に破壊され、ほとんど残らなくなってしまいます。これらの問題を解決するためには、葉酸などが含まれている青汁を摂取することが効果的です。
葉酸だけでなく、ビタミン、ミネラル、食物繊維等がバランスよく配合されているため、女性の方には特におすすめの栄養補助食品となっています。

食事で摂取しづらい栄養素は簡単に補給できる食品や飲料活用して補助していくことが最も賢い方法です。そういった面では青汁は全てを総合的に含んだ健康飲料なので男女問わず、多くの方におすすめの健康食品となっています。

不足することで引き起こされる症状とは?

葉酸が不足すると主に、食欲が低下したり、口内炎、お腹を下しやすくなったりするといわれています。また悪性貧血などの症状を発症する場合もあるため、常に一定量の葉酸を摂取することが望ましいでしょう。
先ほども述べましたが、妊婦の方は生まれてくる赤ん坊の神経管閉鎖障害のリスクが増大するため、多めに摂取することを心がけてください。
また葉酸とビタミン12によって乱れた自律神経の働きを正常に保つ効果があるため、妊娠中のつわりの軽減、精神的負担の軽減、生理時のイライラ解消などの効果も期待できます。

葉酸をきちんと摂取することで、血流量が増大し、これによって冷え性の改善が期待できます。基礎代謝等にも関係している栄養成分なため、ダイエット時にも欠かすことができない栄養素となっています。
そして腸内環境の細胞粘膜の代謝を高めることによって、腸の働きが活発になり、便秘改善にも一役買ってくれます。

葉酸だけで摂取することは非常に難しいですが、葉酸が多く含まれている青汁を活用することで「葉酸の効果」+「青汁のパワー」で総合的に健康を高めやすくなることがポイントです。

葉酸の魅力や効果について述べてきましたが、食事として摂取するのは非常に難しいので葉酸がたっぷりと含まれている青汁などを活用することが望ましいといわれています。また青汁には葉酸以外の栄養成分も沢山含まれており、必然的に体に栄養を沢山補給することができるので、男女問わずおすすめの健康食品となっています。

食事で摂取しようとすればどれくらい大変?

葉酸を多く含む食材としては下記のようなものがあります。
枝豆…260μg
モロヘイヤ…250μg
ブロッコリー…120μg
芽キャベツ…220μg
ほうれん草…210μg
うに…360μg
アスパラガス…180μg
納豆…120μg
サニーレタス…120μg

このような食材に多く含まれています。※100グラムあたりの含有量
ただし、葉酸は熱・水に弱いため、調理の際におおよそ50%も減少するといわれています。そのため、上記で述べた数字は調理の際に約半分程度は減少する計算で考えなければいけません。
つまり100グラム辺りの量となるため、必然的に摂取基準を満たそうとするとおおよそ2倍〜3倍ほど毎食摂取しなければいけない計算になります。
そのためコストがかかるだけでなく、食べること自体が非常に難しいことが考えられます。これを青汁に置き換えると、1日3回手間なく簡単に葉酸を補給することができるため、圧倒的にコスパが良いというメリットが挙げられます。
青汁に置き換えるだけで必要な葉酸の量を摂取することができるので、食事と合わせて続けることで栄養バランスを整えることが可能です。

ただここではあえて述べていませんが、レバーや明太子などにも多く葉酸が含まれています。しかしこれらの食材は妊婦の方には危険な場合もあるので、葉酸を摂取する際は食事の場合だと多くのリスクや危険性のことを考慮しなければいけません。
そういったリスク面から見ても青汁で摂取するというのは様々な弊害やリスクを減少させることができるため賢い選択と言えるでしょう。

葉酸を賢く摂取するには青汁が最適

青汁を活用することで葉酸が手軽に摂取することができるだけでなく、その他のビタミン、タンパク質、食物繊維などを総合的に補うことができるようになるのが最大のポイントです。
私たちが常に健康で生きていく上で欠かすことのできない葉酸を摂取する際は食事ではなく青汁を活用することが最適な方法となっています。
つまり青汁を活用して賢く摂取をすることが健康維持には最適な方法となっています。