コラムcolumn
品質管理

青汁はコレステロール値や中性脂肪を下げることができるの?効果はある?

健康診断などで、コレステロールや中性脂肪の値が高いと指摘されたことがある方も多いのではないでしょうか。青汁は、そんな方にもおすすめの飲み物です。大麦若葉やケールなどの野菜を凝縮して作られた青汁には、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養成分が豊富に含まれています。そのため、青汁を毎日の食生活に取り入れることで、コレステロールや中性脂肪を下げる効果が期待できるのです。
今回は、青汁がコレステロールや中性脂肪の値に与える影響について紹介します。

青汁はコレステロール値や中性脂肪を下げることができるの?効果はある?

青汁はコレステロール値を下げる効果がある?中性脂肪との関係は?

悪玉コレステロールと中性脂肪には、大きな関係性があることをご存知でしょうか。
実は、悪玉コレステロールが増加することによって、体内から分泌される中性脂肪を減少させるアディポネクチンという物質が減少すると言われています。つまり、悪玉コレステロールの増加は、同時に中性脂肪の増加にもつながるということです。

青汁には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が豊富に含まれています。そして、この食物繊維は、コレステロールと中性脂肪の値に大きく影響するのです。
水溶性食物繊維には、コレステロールが腸から吸収されるのを防ぐ作用があります。吸収されなかったコレステロールは便と一緒に排出されます。そして、もう一つの不溶性食物繊維は、腸の中で胆汁酸を取り込み、新しい胆汁酸の生産を促進します。この胆汁酸はコレステロールを消費して生産されることから、コレステロール値が低くなると考えられています。

つまり、食物繊維が豊富に含まれる青汁には、コレステロール値を下げる効果があり、コレステロール値が減るということは、中性脂肪を減少させるアディポネクチンという物質の減少を防ぐことにつながります。

青汁はコレステロール値を下げる効果がある?中性脂肪との関係は?

青汁は食物繊維以外にもコレステロールを下げる成分がある?

青汁には食物繊維以外にも、コレステロールを下げる成分が含まれています。

ビタミンC

青汁にはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは、不溶性食物繊維と共に胆汁酸を生産するのに重要な役割を持っています。
なぜなら、ビタミンCがコレステロールを胆汁酸へ変化させ体外に排出させる効果があるからです。ビタミンCが不足するとコレステロールが増加してしまう原因となるので、ビタミンCの摂取は重要です。

ビタミンE

ビタミンEは強い抗酸化作用を持つ脂溶性ビタミンです。青汁にはビタミンEも豊富に含まれています。
ビタミンEの持つ強い抗酸化作用は、動脈硬化の原因となる過酸化脂質を分解することができます。過酸化脂質はコレステロールや中性脂肪が酸化されたものであるため、過酸化脂質が分解されることは、コレステロールや中性脂肪の減少につながります。

SOD酵素

青汁の原料として知られる大麦若葉には、SOD酵素が含まれています。
SOD酵素にはビタミンEと同じく抗酸化作用があります。SOD酵素の抗酸化作用により、コレステロールが酸化する原因となる活性酸素の働きを抑えてくれるため、血液中のコレステロールの沈着を防いでくれます。

葉緑素

葉緑素とは植物中に含まれる緑色の色素のことで、クロロフィルとも呼ばれるものです。葉緑素には、血中のコレステロール値を下げて、血栓予防や血圧を下げる効果が期待できます。大麦若葉や明日葉、ケールなどを原料とする青汁には、葉緑素も豊富に含まれています。

キトサン

キトサンはコレステロールが胆汁酸になった際、再吸収せずに体外に排出させる働きがあります。つまり、胆汁酸を再びコレステロールとして再吸収させないため、血中コレステロール値を下げることになります。
青汁にはキトサンが配合された商品も多く販売されています。

青汁は食物繊維以外にもコレステロールを下げる成分がある?

コレステロールを下げたい人が青汁を飲むタイミングは?

青汁はどのタイミングで飲んでも良いのですが、コレステロールを下げたい方は、食事の前や食事と一緒に青汁を飲むことをおすすめします。なぜなら、食後に飲んでも効果を最大限に引き出すことができないからです。
青汁に含まれる栄養成分を食事前や食事中に取り入れることで、食事で取り込んだコレステロールや中性脂肪に作用させることができます。また、食事中は胃や腸が活発に動くため、腸が活発に動いていない時よりも青汁の栄養素が素早く吸収されます。

コレステロールを下げたい人が青汁を飲むタイミングは?

コレステロールを下げる青汁の飲み方は?

コレステロールを下げる青汁の飲み方としては、豆乳で割って飲む方法があります。豆乳に含まれる大豆イソフラボンには、コレステロールを下げる働きがあります。そのため、青汁を豆乳で割って飲むことで、相乗効果を期待することができます。
また、最近の青汁は美味しいものが増えてきましたが、青臭くて飲めないという方もいます。そんな方は豆乳と一緒に飲むことで味がまろやかになり、飲みやすくなりますよ。
他にも味噌汁の中に青汁を取り入れるのもおすすめです。豆乳と同じく、味噌汁にも大豆イソフラボンが含まれており、食事と一緒に取り入れることができるので一石二鳥です。

コレステロールを下げる青汁の飲み方は?

最後に

青汁はコレステロールや中性脂肪を下げる作用があると言われています。コレステロールや中性脂肪の値が気になるという方は、毎日の食事に1杯の青汁をプラスしてみてはいかがでしょうか。
ただし、青汁は薬ではなく、あくまで栄養補助食品です。コレステロールを下げるには、日常的に運動をしたり、和食中心の食事を心がけたりといった生活習慣の改善も必要となります。食生活や生活習慣を整えながら、1杯の青汁を毎日の生活に取り入れてみてくださいね。