コラムcolumn
品質管理

青汁は便秘に効果的?青汁を飲みすぎると便秘が悪化するってホント?!

青汁にはビタミンやミネラル、食物繊維など、青汁には豊富な栄養素が含まれているため、便秘解消やダイエット効果を期待して、青汁を毎日飲んでいるという方もいらっしゃると思います。ですが、「青汁を飲み続けていたらかえって便秘になってしまった」「青汁は体によくない」というような口コミを目にすることもあります。実際に、青汁を飲んでいて便秘になってしまうということはあるのでしょうか?ここでは、青汁と便秘の関係について解説します。

青汁は便秘に効果的?青汁を飲みすぎると便秘が悪化するってホント?!

青汁には便秘解消効果はある?青汁は体によくないってホント?!

食物繊維が豊富に含まれることから、便秘解消効果を期待して青汁を飲んでいるという方は多いです。ですが、一方で「青汁を飲んでいたら便秘が悪化した!」「青汁は体によくない」なんて口コミを目にすると不安になりますよね。
実際、青汁は便秘の解消に効果的なのでしょうか?それとも効果は無いのでしょうか?

青汁に含まれる豊富な栄養素が野菜不足をカバー

青汁に含まれる食物繊維は、腸内のお掃除役ともいえる栄養素です。食物繊維はごぼうやにんじん、ほうれん草、パセリ、モロヘイヤなどの野菜に豊富に含まれていますが、現代人の食生活において野菜はどうしても不足してしまいがちです。青汁には野菜由来の栄養成分が豊富に含まれているため、1杯の青汁を飲むだけで、食物繊維をはじめ、ビタミン類、やミネラルなど様々な栄養素を取り入れることができるのです。

食物繊維の種類を知っておこう

青汁と便秘の関係についてお話する前に、便秘とは切っても切れない関係にある食物繊維についておさらいしておきましょう。
食物繊維には、水溶性食物繊維不溶性食物繊維の2つの種類があります。水溶性食物繊維はねばねばとした粘性が高く、胃腸内をゆっくりと移動するのが特徴です。糖質の吸収を緩やかにする働きがあり、血糖値の急激な上昇を抑えながら、身体に良くないものを便と一緒に排出します。水溶性食物繊維は、昆布やこんにゃく、イモ類、大麦などに多く含まれています。
対して不溶性食物繊維は保水性が高く、腸内で水分をたっぷりと含んでふくらみ、腸壁を刺激することで腸のぜん動運動を促す働きがあります。不溶性食物繊維は、野菜やきのこ類、豆類などに多く含まれています。

食物繊維の種類を知っておこう

青汁を飲みすぎると便秘が悪化する?

青汁には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維どちらも含まれていますが、青汁は現代人の野菜不足解消を目的として作られることが多いため、野菜に多く含まれる不溶性食物繊維が特に豊富に含まれています。
実は、腸内の水分を吸い込んで膨らむ性質を持った不溶性食物繊維は腸内に停滞しやすく、かえって排便を阻害して便秘の原因になってしまうことがあります。そのため、食事量を極端に減らして青汁だけを1日に何十杯も飲むような偏ったダイエットをしてしまうと、不溶性食物繊維だけが大量に体内に摂取され、水溶性食物繊維が不足するという状態になり、かえって便秘が悪化するという可能性も考えられるのです。
食物繊維の働きによって便通を促すためには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランス良く体内に取り入れることが大切です。青汁をたくさん飲んだからといって、必ずしも効果が感じられるわけではありません。青汁は適度な量を無理なく飲むようにし、1日3食栄養バランスの良い食事メニューを摂ることを心がけましょう。

青汁は体によくない?便秘解消以外の効果

青汁が体によくないということはありません。ビタミンやミネラルなどの栄養をたっぷり含んだ青汁は、便秘解消効果だけでなく、様々な健康サポートに役立ちます。ここでは、ダイエットと美容に期待できる効果についてお話します。

青汁はダイエットにもおすすめ!

食物繊維が豊富な青汁は、ダイエットもサポートしてくれます。
ダイエットに欠かせないのが代謝アップ。青汁でビタミンやミネラルなどの栄養素をしっかりと摂取することで、代謝を高めることができます。
さらに青汁に含まれる食物繊維やカリウムには、むくみやぽっこりおなかを解消する働きも期待できます。しかも、食物繊維がおなかを膨らましてくれるので満腹感を感じやすく、食事の量を減らすこともできるかもしれませんね。ついつい食べ過ぎてしまって体型が気になる…。そんな方に、青汁はおすすめです。

青汁はダイエットにもおすすめ!

青汁は美容効果もある?

青汁に含まれる栄養素には、ビタミンB群、ビタミンC、βカロチン、カルシウムなど、お肌の健康に欠かせない栄養素がたくさん。肌に栄養がしっかりと行き渡ることで、美しいお肌づくりにも役立ってくれるでしょう。さらに、食物繊維が腸内環境を整え、体内から老廃物を排出、ターンオーバーを円滑にするために一役買ってくれます。免疫力を高める効果も期待できるので、肌荒れの予防にも役立ちますね。

青汁の効果を引き出すおすすめの飲み方は?

青汁の健康効果を引き出すためには、青汁を飲むタイミングや飲み方も重要です。青汁に期待する効果にあわせた飲み方をすると、より効率的に効果を引き出すことができるでしょう。ここでは、便秘解消・ダイエット・美容効果を上手に引き出す青汁のおすすめの飲み方をご紹介します!

便秘解消なら朝1杯の青汁がおすすめ!

便秘解消には、朝1杯の青汁がおすすめです。朝は便通がもっとも生じやすいタイミングなので、そこに青汁をプラスすることで、便秘解消によい働きが期待できます。
朝は体内の臓器も目覚めるタイミングです。夜の間休んでいた胃腸に水分を流し込むとその刺激によって胃腸の働きが目覚め、排泄が生じやすくなります
朝目が覚めたら1杯の水を飲むようにしているという方は少なくないかと思いますが、それを青汁に変えてみましょう。青汁なら水分と同時にたっぷりの食物繊維を摂取できるので、胃腸の働きをしっかりと促してくれるはずですよ!

便秘解消なら朝1杯の青汁がおすすめ!

ダイエット効果を引き出したいなら朝ご飯&おやつが賢い飲み方

青汁のダイエット効果を引き出したいなら、朝ご飯に取り入れるのがおすすめ。「朝ご飯にはパンやご飯をしっかり食べたい!」というタイプの方は、青汁を食事の前に1杯飲んでおくことで、血糖値の急激な上昇を抑える効果も期待できます。お好みの果物や野菜を使ったスムージーを朝ご飯にされている方は、そこに青汁粉末を加えることで、より栄養豊富で、それだけでも十分満腹感のある朝ご飯になるでしょう。
さらに、日ごろスナック菓子や甘いお菓子などをついつい間食してしまう…という方には、青汁に置き換えるのがおすすめ。日ごろ不足しがちな栄養素がぎゅっと凝縮された青汁をおやつ代わりに飲むことで、カロリーを抑えながら栄養を摂取でき、食物繊維の働きによって満腹感も得られるでしょう。

ダイエット効果を引き出したいなら朝ご飯&おやつが賢い飲み方

美容効果を引き出したいなら夕食と一緒に飲むのがおすすめ

青汁の美容効果を引き出したいなら、夕食と合わせて飲むことをおすすめします。お肌は日中乾燥や紫外線などによってダメージを受けています。それが再生されるのは、夜中眠っている間。青汁に含まれるビタミン類やカルシウム、食物繊維などの成分を夕食時に摂取することで、夜眠っている間にお肌に働きかけてお肌の再生をサポートしてくれます。
寝る前に青汁を飲むのもいいですが、夕食のときに飲むのがおすすめです。少し早めに飲んでおくことで、眠るときまでに青汁の栄養素がお肌にちょうどよく行き渡ってくれるでしょう。夕食の前に1杯の青汁を飲むことで、血糖値の急激な上昇を防ぐ効果も期待できます。

美容効果を引き出したいなら夕食と一緒に飲むのがおすすめ

最後に

青汁は便秘解消だけではなく、様々な栄養素の働きによって私たちの健康的な毎日をサポートしてくれます。ただし、偏った飲み方はNGです。青汁だけを飲みすぎてしまうと便秘の原因になってしまったり、反対に下痢になってしまったりすることも。基本的には1回につきコップ1杯が目安です。豊富な栄養を手軽に摂取できる青汁。適切な量とおすすめのタイミングを守って、便秘解消だけでなく様々な健康効果を引き出しましょう!