コラムcolumn
品質管理

青汁は健康に良い?効果やはたらき、注意点を紹介

青汁は健康維持に役立つ飲み物として知られています。しかし、青汁がなぜ健康に良いのか、どんな効果があるのかと聞かれると、具体的には分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、青汁はなぜ健康に良いのか、青汁の健康効果やはたらきについて紹介していきます。

青汁は健康に良い?効果やはたらき、注意点を紹介

青汁とは

青汁とは、緑黄色野菜を濃縮して作られた飲み物のことです。家庭で作る方もいますが、粉末タイプや冷凍タイプ、ドリンクタイプなどが販売されています。
原材料は主に大麦若葉やケール、明日葉、桑の葉といった野菜ですが、青汁メーカーによって使用する野菜は異なります。青汁の原材料や名称から美味しいイメージがわかないという方もいるでしょう。たしかに、数年前までの青汁は好みが別れる味で、特に野菜が苦手な方には好まれない味でした。しかし、最近の青汁は美味しく飲めるよう工夫しているメーカーが多い傾向です。例えば抹茶風味のものや、粉末タイプの場合は水だけでなく、豆乳やヨーグルトなどにも溶けやすくなっています。

青汁とは

青汁は健康に良い?

青汁が健康に良いといわれている理由は、食事だけでは不足しがちな野菜の栄養を手軽に補うことができるからです。日本人は慢性的な野菜不足と言われています。成人は1日に350g以上の野菜を摂取するのが望ましいと言われていますが、毎日350g以上の野菜を摂取している方は実際どれくらいいるでしょう。
青汁には、日本人が不足しがちな食物繊維やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれているため、食事で足りない栄養を補うことができるのです。
特に粉末タイプの青汁は、出張や旅行先などでも持ち運びが簡単なので、手軽に摂取できるでしょう。

青汁は健康に良い?

青汁の栄養効果

青汁には、食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。
青汁に含まれる食物繊維には、血糖値の上昇を抑制させたり、腸のぜん動運動を促したりするはたらきがあります。快便で腸内環境が良いと血行も良くなり、栄養と酸素を体中に届けられるので、血行不良が原因で起こるといわれている肩こりや眼精疲労などのちょっとした不調が解消されるでしょう。
青汁に含まれるビタミン類には、新陳代謝の促進、皮膚や粘膜の健康維持、細胞の生成や再生を助けるはたらきがあります。肌のターンオーバーが正常に行われることで、肌荒れを防ぎ、美肌作りにも役立つでしょう。
青汁に含まれるミネラルは、酸素の運搬や二酸化炭素の回収に欠かせない栄養素です。
食事に加えて適量の青汁を摂取することで栄養が体中にまんべんなく行き渡ると、日ごろ何となく感じていた疲れやすさや重だるい感覚が改善されるかもしれません。

青汁を飲む際の注意点

青汁を飲む際の注意点は、飲み過ぎないことです。どの食材でも栄養補助食品でも同じですが、偏った栄養摂取はおすすめできません。
さらに、自分好みの味を選ぶことも大切です。好みの味でなかったり、粉っぽさが残ったりすると、毎日飲み続けることは難しくなるでしょう。
そして、青汁だけに頼らないということも注意点といえます。青汁は食事では足りない栄養を補うものです。青汁だけ飲めば十分な栄養が摂取できるというわけではないため、食事にプラスして1杯の青汁を飲むのがおすすめです。

青汁を健康維持に役立てよう!おすすめの飲み方

続いては、青汁の栄養効果をより高めるためにおすすめの飲み方を紹介します。

青汁を健康維持に役立てよう!おすすめの飲み方

青汁を白湯で溶かす

青汁を白湯で溶かして飲む方法は、もっとも手軽に飲めるおすすめの飲み方です。
水ではなく白湯に溶かして飲むことで、内臓をあたため消化器官の働きを活発にすることができます。起床後に1杯のあたたかい青汁を飲むのもおすすめですし、就寝2時間くらい前にあたたかい青汁を飲み、体をあたためてから眠るのもおすすめです。
青汁を白湯で溶かせば、ダイエット中でもカロリーを気にせず飲めるでしょう。

青汁に乳製品を加える

青汁に乳製品を加えることで味がマイルドになりより一層飲みやすくなります。また、牛乳に含まれるタンパク質、カルシウム、ビタミンや、ヨーグルト飲料に含まれる乳酸菌や食物繊維などの栄養素と合わせて効率良く摂取できておすすめです。

青汁に豆乳を加える

青汁に豆乳を加えるのも良いでしょう。青汁独特の香りが解消されるだけでなく、味がマイルドになります。また、豆乳に含まれるイソフラボンやサポニンも同時摂取できるというメリットもあります。1日200ml程度を目安に飲んでみてください。

青汁に100%リンゴジュースを加える

青汁の独特な味や臭いが苦手な方は、青汁に100%リンゴジュースを加えると飲みやすいかもしれません。果物ジュースの中には青汁と合わせると味が悪くなるものもありますが、リンゴジュースやオレンジジュースならば青汁を美味しく飲めるでしょう。

青汁をみそ汁に加える

青汁をみそ汁に加える方法は、青汁の味が苦手な方に特におすすめです。
みそ汁の具材によってさらに栄養が摂れて一石二鳥ですし、加えるだけなので調理も簡単です。

青汁をホットケーキに加える

飲み物ではありませんが、青汁をホットケーキに加えるという食べ方もあります。おやつを食べながら効率良く栄養が摂れておすすめです。

安心・安全な青汁選びのポイント

続いては、安心・安全な青汁選びのポイントについて紹介します。

健康効果の高い青汁選びのポイント

国産の青汁を選ぶ

安心・安全な青汁を飲みたいならば、国産の青汁を選びましょう。国産の青汁は厳しい基準のもとで作られています。また、農家や製造環境について具体的に記載している青汁メーカーの製品を選ぶと安心して飲めるでしょう。

原材料をチェックする

青汁を選ぶときは、原材料をチェックしましょう。
青汁であれば何でも良いというわけではなく、なかには野菜の含有量が少なく糖分が多く含まれる青汁商品もあります。糖分が多く含まれる青汁を飲み続けることで糖質過多になる可能性もあるため、大麦若葉100%の青汁など、糖分が含まれていなくても飲みやすい青汁を選ぶと良いでしょう。

粉末タイプを選ぶ

健康維持のために毎日無理なく青汁を飲みたい方には、粉末タイプがおすすめです。
粉末タイプは持ち運びもしやすいため、外出先でも飲みやすくなります。冷凍タイプやドリンクタイプにもメリットはありますが、どのタイプを選んでも栄養価に大きな差はありません。青汁初心者は、手軽さと飲む習慣を身につけることを優先すると良いでしょう。
また、粉末タイプは他のタイプと比べてコスパが良いという部分でもおすすめです。

最後に

青汁は健康維持におすすめの飲み物です。食事に1杯の青汁をプラスすることで、不足しがちな野菜の栄養を効率良く補うことができます。青汁を飲んだからといってすぐに効果が出るものではありませんが、習慣として飲み続けることで、健康な毎日をサポートしてくれるでしょう。さまざまなメーカーの青汁を飲んでみて、ぜひ自分好みの青汁を見つけてください。

自分好みの青汁