コラムcolumn
品質管理

青汁は飲むタイミングが重要!青汁の効果を引き出すための飲み方とは?

手軽に飲めて食物繊維やビタミンなどの栄養不足を解消できる青汁ですが、実は青汁は飲むタイミングがとても重要です。飲むタイミングを間違えてしまうと、ダイエットや便秘解消など、期待していた効果を感じられないかもしれません。「青汁は効果なし」と諦めてしまう前に、青汁を飲むタイミングについて一緒にお勉強しましょう!

青汁と野菜ジュースの違いとは?毎日飲むならどっちがいいの?

青汁は栄養がない!?そんなことありません!

青汁はビタミンやミネラル、食物繊維など、様々な栄養素が豊富に含まれています。そのため、便秘解消やダイエットなどの効果や様々な健康効果を期待して「青汁を毎日飲んでいる」という方も少なくない一方、インターネット上では「青汁は効果なし」「青汁は栄養がない」という口コミも少なくないようです。
「せっかく毎日青汁を飲んでるのに全然効果を感じられない…」と諦めている方はいらっしゃいませんか?青汁を毎日飲んでも効果を感じられないなら、それはもしかしたら青汁を飲むタイミングを間違えているのかもしれません。

飲むタイミングを間違えると青汁は効果なし?!

青汁には野菜由来の様々な栄養素がたっぷりと含まれています。そのため、青汁は基本的にいつ飲んでもOKな飲み物です。毎日のお食事と一緒に青汁を飲んだり、水分補給や野菜不足解消のために普通に飲んでいても、健康的な毎日をサポートしてくれますが、もしも期待したい効果があるのなら、目的に合わせた飲み方を心がけるようにしてみると尚良いでしょう。

青汁に期待する効果によって飲むタイミングを変える

「便秘を解消したい」「お肌を整えたい」「野菜不足を解消したい」など、皆さん様々な目的を持って青汁を飲みますよね。ここからは、「青汁は効果なし!」と思ってしまっている方のために、期待したい効果を効率的に引き出すための飲み方・飲むタイミングについて解説していきます。

青汁を飲むタイミング・便秘解消編

便秘解消のために青汁を飲むなら、朝がおすすめです。朝は便意がもっとも生じやすいタイミングなので、胃腸を刺激することで便通を促しましょう。眠っている間は胃腸も休息しています。休んでいた胃腸に水分を流し込むことで、胃腸が刺激されて活動スイッチが入り、便意が生じやすくなるのです。
朝起きたら、水の代わりにコップ1杯の栄養満点の青汁を飲んでみてください。青汁の水分とたっぷりの食物繊維が胃腸に働きかけて、便通を促すサポートをします。
また、朝食前の青汁にヨーグルトをプラスするのも良いでしょう。私たちの腸内(おなか)には、腸内細菌がたくさん生息しています。腸内細菌のバランスが良いと私たちのおなかの中はキレイな状態に保たれますが、そのバランスが崩れて悪玉菌が増えてしまうと便秘などの不調の原因となることがあります。腸内細菌のバランスを保つのに役立ってくれるのが、発酵食品であるヨーグルトです。ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内の善玉菌の割合を整え、健康な状態へと導いてくれるのです。飲むヨーグルトと青汁をあわせて、スムージーなどにして飲むのも朝食にぴったりですね。朝の青汁プラスヨーグルトで、便秘の解消を目指しましょう!

青汁を飲むタイミング・便秘解消編

青汁を飲むタイミング・美容効果編

青汁に含まれるビタミンやミネラルは美容にも効果的とされる栄養成分です。そして、その効果を引き出すにためも飲むタイミングは重要です。
お肌への効果を引き出したいなら、青汁は夜に飲むのがおすすめです。日中乾燥や紫外線などによってダメージを受けたお肌が再生されるのは、夜中の間。青汁を夜飲むことで、青汁に含まれるビタミン類やミネラル、カルシウム、食物繊維などの美容に効果的な成分が体内にとどまり、夜眠っている間にお肌に働きかけてくれるというわけです。
おすすめなのは、夕食のときに青汁を飲むこと。夕食と一緒に青汁を飲んでおくことで、眠るときにちょうどよく体内で青汁がお肌の再生をサポートしてくれます。

青汁を飲むタイミング・美容効果編

青汁を飲むタイミング・野菜不足解消編

普段の食事において野菜不足を気にされている人は少なくないはずです。青汁は野菜不足を補うサポートもしてくれます。野菜由来の栄養成分がコップ1杯にぎゅっと凝縮された青汁を効率的に飲むことで、普段の食事だけではどうしても乱れがちな栄養バランスを整え、健康的な毎日をサポートしてくれます。
野菜不足の解消が目的なら、青汁は朝に飲むのがおすすめです。実は、私たちは夜眠っている間もエネルギーを消費しています。夜のうちにエネルギーを消費した朝の身体はからっぽの状態なので、朝は1日のうちで最も栄養が吸収されやすく、しっかりと身体に行き渡りやすい状態だといえるのです。
朝食と一緒に青汁を1杯飲むことで、身体中に青汁のビタミンやミネラル、食物繊維が行き渡り、1杯の青汁が今日1日を元気に過ごすためのサポートをしてくれるでしょう。

青汁を飲むタイミング・野菜不足解消編

青汁はダイエット効果なし?ダイエット中に青汁を飲むタイミングは?

青汁にダイエット効果を期待される方も多いです。ですが、なかには飲むタイミングや飲み方を間違えて「青汁はダイエット効果なし!」とあきらめてしまっている方も少なくないようです。青汁を飲むタイミングとして、最もダイエット効果を引き出しやすいタイミングとはいつなのでしょうか?

ダイエット中に青汁を飲むタイミングは食事の前!

ダイエット中に青汁の飲むなら、そのタイミングは食前がおすすめです。青汁に含まれる野菜由来の栄養成分を食事の前に体内に取り入れておくことで、その後パンやご飯などの炭水化物を食べても血糖値があがりにくくなるという効果が期待できます。
ダイエット中だからこそ栄養バランスには気を付けたい、栄養不足にはなりたくないけどサラダを毎日用意するのは面倒だし、野菜ジュースでは糖質が心配…。そんな方にも青汁がおすすめです。ダイエット中に食事制限や糖質制限をしていると、どうしても栄養が偏ってしまいがちです。ダイエット中に栄養が不足してしまうと、一時的に体重は減ったとしてもリバウンドをしてしまったり、痩せにくい身体になってしまったりする場合があります。健康的に美しく痩せるダイエットを目指すなら、食事の前にまず1杯の青汁を飲みましょう。

朝食代わりのスムージーに青汁を加えて飲むのも

ダイエット中、スムージーを朝食代わりに飲んでいるという方も多いですよね。ですが、スムージーだけの朝食だと、満足感を求めてついつい甘い果物やはちみつなどを入れすぎてしまうこともあります。結果的に糖質やカロリーが高くなってしまって、ダイエットには逆効果になってしまうことも…。
よりヘルシーに朝食のスムージーを作るなら、青汁を加えてみてはいかがでしょうか。栄養素が凝縮された青汁をお好みの味のスムージーに加えれば、より栄養満点でヘルシーな飲みやすいスムージーになります。青汁入りのスムージーならおなかも程よく膨らむので、おやつ代わりに飲むのもいいでしょう。お菓子などを食べるよりも日ごろ不足しがちな栄養素を摂取できるので、ヘルシーで太りにくいおやつになるでしょう。

青汁を飲むタイミング・便秘解消編

最後に

ダイエットや美容、便秘解消などを目的として毎日青汁を飲んでいてもなかなか効果が感じられなくて、「青汁は栄養ないの?」「青汁は体によくないの?」と思ってしまっている方は、飲むタイミングや飲み方などを間違えているのかもしれません。もちろん効果の感じ方には個人差がありますが、せっかく飲むなら効率的に、目的に合わせて飲むタイミングを変えてみてはいかがでしょうか。