コラムcolumn
品質管理

青汁+乳酸菌&酵素が最強?!青汁に乳酸菌や酵素をプラスするメリット

青汁は、日本人の慢性的な野菜不足を補い、毎日の健康的な生活をサポートする働きをしてくれます。そして、さらに効率的に青汁の栄養を摂取するために、最近注目を集めているのが乳酸菌酵素です。そこで今回は、青汁に乳酸菌や酵素をプラスすると、身体にどのような良い影響があるのか?そのメリットについてご紹介します。

青汁+乳酸菌&酵素が最強?!青汁に乳酸菌や酵素をプラスするメリット?

腸内環境を整えるために乳酸菌は大事

私たちの身体にはもともと善玉菌・日和見菌・悪玉菌といった腸内細菌が棲んでいてます。腸内環境が正常な場合、腸内に存在する腸内細菌の割合は、善玉菌:日和見菌:悪玉菌=2:7:1が理想とされています。もちろん、善玉菌も悪玉菌も腸にとっては必要な菌なのですが、このバランスが崩れて腸内に悪玉菌が増えすぎると、優位に立った悪玉菌に日和見菌が加勢してしまい、腸内環境が悪化してしまうといわれています。このバランスを保つのに大切なのが乳酸菌です。

あなたの身体に乳酸菌は必要?体内乳酸菌の働きを診断チェック

乳酸菌とは、糖類やアミノ酸、ビタミンやミネラルを消費することで、体内に乳酸を生産する細菌の総称です。乳酸菌は体内で生成することが難しく、食材から取り入れなければいけませんが、現代人の食生活では、体内に必要な乳酸菌を十分に得られていないといわれています。まずはあなたの身体に乳酸菌は足りているかどうか、体内の乳酸菌が正常に働いているかを診断チェックしてみましょう。

  • 便やおならが臭い
  • お腹の調子が悪い(下痢・便秘)
  • 肉食だ
  • 乳製品をあまり摂らない
  • 肌荒れや吹き出物が多い
  • デスクワーク

上記に該当する項目が多い方は、体内に乳酸菌が足りていない可能性が高く、体内で働く乳酸菌の能力が弱まっている状態といえるでしょう。

青汁+乳酸菌で腸内環境を正常に!ダイエット中は特に大事

乳酸菌には、腸内を酸性に傾けて悪玉菌の腐敗活動を予防したり、腸のぜん動運動を補助する役割を担っています。また、乳酸菌は食物繊維を餌にして増加し、腸内をより良い環境に保つ働きをしてくれるのです。青汁には乳酸菌の餌となる食物繊維が豊富です。さらに乳酸菌がプラスされた青汁を飲むことで、慢性的な乳酸菌不足解消のサポートになります。
ダイエット中は食事量を減らす方がほとんどなため、偏った食事メニューになりがちです。たしかに身体に入ってくる量が少なければ、その分一定の減量には成功しますが、その効果は一時的なものです。私たちの身体は食べ物に含まれる食物繊維の働きによって、腸を刺激してぜん動運動を促進し、老廃物など体内に不要なものを便として体外に排出させています。食べる量を減らすことで、体内に摂取する食物繊維の量が減ってしまうと、たちまち便秘を起こし、ダイエットは停滞期を迎えてしまうでしょう。
さらに、食べないダイエットを続けていると、糖類やアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの摂取量が極端に減ってしまいます。それにより、腸内に棲んでいる乳酸菌に餌を与えることができなくなってしまうので、腸内環境が悪化する可能性が高まります。腸内環境が悪化してしまうと、体内に老廃物が溜まり、気づかないうちにリバウンドの危険性を高めていることにもなるのです。食べないダイエットによって筋肉量も減るため、脂肪を燃焼する力も弱まってしまい、結果的にリバウンドしやすく痩せにくい体質になってしまいかねません。
ダイエット中の食事量を減らすなら、糖質(炭水化物)・たんぱく質・脂質のバランスを整えた上で、食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養がぎゅっと詰まった青汁を取り入れるのがおすすめです。青汁に乳酸菌がプラスされている商品なら、食事量を減らすことで不足している栄養素を効率的に取り入れ、腸内環境を正常に保つサポートをしてくれるでしょう。

青汁+乳酸菌で腸内環境を正常に!ダイエット中は特に大事

青汁に乳酸菌をプラスするとどんな効果が期待できる?

青汁には食物繊維やビタミン、ミネラルなどの豊富な栄養成分が含まれています。また、乳酸菌には腸内環境を正常に保つサポートをする働きがあることをご紹介してきました。ここからは、青汁に乳酸菌をプラスすることによって、さらにどんな良い効果が期待できるのか、具体的にお話していきます。

青汁+乳酸菌で便秘解消

ダイエット中の方以外にも、慢性的な便秘にお悩みの方は少なくないですよね。乳酸菌は腸内の環境を整えるとご説明しましたが、腸内環境を整えることは、便秘予防や便秘の解消にもつながります。便秘解消のためにヨーグルトやキムチ、納豆などの食材を摂るようすすめられることも多いと思いますが、なかには発酵食品が苦手な方もいらっしゃるでしょう。そんな方でも手軽に飲みやすいように、青汁に乳酸菌をプラスして粉末状にした商品が人気なのです。

青汁+乳酸菌で便秘解消

青汁+乳酸菌で栄養吸収率がアップ

乳酸菌にはカルシウムなどの栄養が身体に吸収されやすくするサポートをしたり、腸内でビタミンB群を合成したりする働きがあります。青汁で野菜不足を補い、さらに乳酸菌を加えることで、青汁に含まれる栄養成分の吸収率をアップさせ、同時に腸内環境も整えるといった働きが期待できます。これは最強のコンビといえますね。

青汁+乳酸菌で栄養吸収率がアップ

青汁+乳酸菌が病原菌から身体を守る

私たちの身体の中には免疫細胞がありますが、その約7割が腸内に存在するといわれています。風邪をひきやすかったりお腹の調子が悪かったり、何らかの体調不良を感じているなら、その原因は腸内環境の悪化かもしれません。
乳酸菌は身体に入ってしまった病原菌が悪さをしないようくい止めたり、病原菌が棲みにくい環境をつくったり、腸内環境を悪化させる悪玉菌を増やさないようにする働きをします。プラス乳酸菌の青汁を飲む事で、青汁で不足した栄養を補うだけでなく、意図的に乳酸菌を送りこみ、腸内環境を整えることで病原菌から身体を守ることができます。

青汁+乳酸菌で栄養吸収率がアップ

青汁+乳酸菌+酵素でさらに効率的な栄養補給を

一時期、野菜や果物に含まれる酵素がダイエットにいいと話題になり、多くの方が酵素ドリンクを試されたと思います。酵素の働きをひと言でいうと、消化と代謝のサポートです。
私たちの体内には、消化酵素や代謝酵素などの酵素が存在します。体内に取り込んだ食べ物を消化し、必要な栄養素を吸収するために働くのが消化酵素、体内に吸収した栄養素を必要なエネルギーに変えたり、身体に必要な細胞に変えるために働くのが代謝酵素です。人間の体内に自然に生成される酵素の量には限りがあるため、野菜や果物から酵素を取り込むことが大切です。しかし、酵素は熱に弱いため、野菜から摂れる量はわずかです。また果物も、ダイエット中の方は糖質のバランスを考えるとたくさん食べることができません。

青汁+乳酸菌で栄養吸収率がアップ

青汁×乳酸菌による健康サポートは継続が大事

「1日〇品目!」など、頑なに食事から栄養を摂るのはストレスですよね。今回ご紹介した青汁に乳酸菌や酵素をプラスした商品は手軽に栄養が摂れるのでおすすめです。何事も継続が大事、自然由来の成分は、消化器官を通してゆるやかに効果を発揮します。お通じが良くなったり便の臭いが気にならなくなったり、実感されることには個人差がありますが、少しの変化に気づくと青汁生活はもっと楽しくなりますよ。

最後に

青汁に乳酸菌や酵素をプラスするメリットについてご紹介してきました。無理なく無駄なく健康な体を維持するために、普段の食生活で不足する栄養成分の補給には、賢く健康食品を取り入れましょう。