コラムcolumn

品質管理

青汁でサポート!40歳からのお肌と健康、ビタミンと抗酸化を考えてみましょう。

40代女性のお肌の悩み・・・。代謝が落ちることがひとつの原因といえますが、見落とされがちなのが「普段から何を食べているか」ということ。カラダは食べたものからできています。
肌の調子、見た目の雰囲気などが変わってきたと感じたら、それは食生活を見直すチャンスかもしれません。キーワードは「ビタミン」と「抗酸化(こうさんか)」。
食べ物に含まれる「抗酸化ビタミン」には、40歳からのお肌と健康を助けてくれる大きなチカラが備わっているのです。

美と健康はココからだ、毎日を支えるビタミンの働き

栄養素の中には炭水化物やたんぱく質、脂質など、エネルギーやカラダづくりの主役となるものに加え、わずかな量でも大活躍する種類が存在します。
ビタミンやミネラルをはじめとする、「微量栄養素(びりょうえいようそ)」とよばれる栄養素たちです。

ビタミンの働き

ビタミンは、主にカラダの調子を整える栄養素。
不足すると皮膚の炎症や貧血といった病気のリスクが高まるだけでなく、なんとなく調子が出ない、疲れやすいなど、日々のカラダの調子にも影響が出てしまいます。
それはビタミンが「補酵素(ほこうそ)」の役割を担って、エネルギーやカラダに必要な物質をスムーズに生み出すよう、サポートをしてくれているため。
ビタミンは日々の健康の維持に欠かせない、とても優秀な補助役なのです。

補酵素として働く、主なビタミンの働き

・炭水化物からエネルギーを得る(ビタミンB1)
・アミノ酸の代謝、たんぱく質をつくるなど(ビタミンB6、ビタミンB12など)
・脂質の代謝、脂肪酸(しぼうさん)をつくるなど(ビタミンB2、パントテン酸など)
・核酸をつくる(ビタミンB12、葉酸)
・コラーゲンをつくる(ビタミンC)
・出血を止める物質をつくる(ビタミンK)

そして忘れてはいけない、ビタミンが持つ心強い働きが「抗酸化(こうさんか)」!
体内の活性酸素(活性酸素)によるダメージからカラダを守り、発がんなどのリスクを低下させてくれます。

エースが活躍!強い抗酸化の働きは、ビタミン“エース”(A/C/E)の3種類!

ビタミンの中でも特に強い抗酸化の働きを持っているビタミンは、“エース”(A/C/E)の3種類!

抗酸化作用だけでなく、肌や粘膜の保護、免疫力アップなど、ビタミンが持つ健康に役立つ働きにも注目です。
それぞれの特長や、とり入れ方のポイントをチェックしてみましょう。

ビタミンエース

ビタミンA

食べものには、ビタミンAの材料となるβ-カロテン(プロビタミンA)の形で含まれていることも多いビタミンA。目の疲れ回復に効果的な他、粘膜や皮膚を保護する働きがあり、美肌づくりに働きます。

美肌キープのために毎日しっかりとりたいビタミンですが、とり過ぎると体内に蓄積されて、場合によっては頭痛や吐き気などの症状が出る他、肝臓にも負担をかけてしまうこともあります。とり過ぎはNGです!

ビタミンAを含むオススメ食材は?
レバー、ウナギ、モロヘイヤ、小松菜、ニンジン、カボチャなど

ビタミンC

体の中でコラーゲンをつくりだし、や鉄分の吸収を進めるなど、幅広く活躍するビタミンC。つくられたコラーゲンは、ハリのある肌やしなやかで丈夫な血管の維持に力を発揮します。
また、ストレスに対抗するためにもビタミンCは重要!ストレスの多い現代に、しっかりとりたいビタミンです。

余ったビタミンCは尿とともにカラダの外に出されるため、とり過ぎの心配は少ないビタミン。反面、失われやすく熱にも弱いので、生野菜や果物などから上手にとるようにしましょう。

ビタミンCを含むオススメ食材は?
いちご、柑橘類、キウイ、ブロッコリー、ジャガイモ、ピーマン、ほうれん草、水菜など

ビタミンE

体の中では細胞膜に多く存在しているビタミンE。細胞膜や血中LDLコレステロールの酸化を予防する働きで、若々しさを保つ他、生活習慣病予防にも役立ちます。
また、血流の流れを良くしてくれるため、手足の冷えや肩こりの解消も期待できます。

通常の食生活ではあまり心配はありませんが、とり過ぎると出血しやすくなる傾向がみられます。

ビタミンEを含むオススメ食材は?
アーモンド、ピーナッツ、胡麻、アボカド、ウナギ、イクラなど

カラダが必要とする量は、ビタミンの種類によって異なります。
「抗酸化」ばかりに目を向けてどれか一つに偏ってしまうと、かえってカラダに良くありません。
食べる食材にバリエーションを持たせ、3種類のビタミンをバランス良く活かすことが、いつまでもキレイで元気なカラダをつくる秘訣ともいえますね。

毎日のお肌ケアに期待!大麦若葉の青汁に含まれるビタミンたち!

大麦若葉からつくられる青汁には40代の女性が気になる、抗酸化の“エース”ビタミンC、ビタミンE、そしてビタミンAの材料となるβ-カロテンが含まれています。さらに葉酸やポリフェノールなどの抗酸化成分が含まれていることも女性には嬉しいポイント。カラダが持つ酸化への抵抗力は年齢とともに弱まってしまうため、抗酸化のチカラを外から補う必要があるのです。

青汁イメージ

ビタミンと抗酸化成分は健康かつ美しいお肌づくりの要!十分にとり入れて、いつまでも瑞々しくハリのあるお肌をキープしましょう。

お肌ケアの基本は、まずしっかりと日々の食事の栄養バランスを整えること。特に40代のお肌ケアはストレスへの抵抗力や免疫力の維持など、健康な日常と切り離しては考えられません。そんな日常の食生活を意識しつつも、お仕事やご家庭の忙しさで知らず知らずのうちに栄養バランスが乱れ、お肌がパサついてきた、なんてこともありますね。

青汁にはビタミンだけでなく、腸内環境を整え、しっかりとした便をつくるもととなる食物繊維もタップリ含まれます。毎日の不足しがちな栄養素を補うサポートアイテムとして、また乱れた栄養バランスを整えるリセットアイテムとして、青汁を食事や水分補給に上手にとり入れ、サビないお肌と健康をしっかりとキープしていきましょう。

【まとめ】
画像600×420

人間のカラダは年を重ねるにつれ、少しずつ変化していきます。
基礎代謝による消費カロリーの減少や内臓の機能低下、シミやシワなども老化の影響によって生じるもの。とは言っても、若々しさを保つために出来る事は身近にもたくさん存在しています。食べものが持つ抗酸化作用を活用することも、まさにそのひとつなのです。

食材それぞれが持つチカラを借りて、サビにくいカラダをつくっていきましょう。

【参考URL】
2. アミノ酸とビタミン
https://www.jstage.jst.go.jp/article/vso/79/7/79_KJ00003978913/_article/-char/ja
ビタミンと免疫能
https://www.jstage.jst.go.jp/article/vso/82/1/82_KJ00004840812/_article/-char/ja
活性酸素と酸化ストレス
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-04-003.html