レシピrecipe
品質管理

青汁をもっとおいしく!青汁フレンチトーストのレシピ

%e9%9d%92%e6%b1%81%e3%82%92%e3%82%82%e3%81%a3%e3%81%a8%e3%81%8a%e3%81%84%e3%81%97%e3%81%8f%ef%bc%81%e9%9d%92%e6%b1%81%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%81%ae

青汁をもっとおいしく楽しもう

日本薬健の「金の青汁」は、大麦若葉だけを使った青汁を独自の製法でフレッシュパックすることで、おいしさと栄養分の両立をしました。そのため、とても飲みやすく続けやすい青汁として多くの方に支持をされています。
しかしながら、青汁の大切な摂取方法は「長く続けること」です。特にお子様やご家族においては、青汁はどうしても味にバラエティがあるものではありませんので、お水に溶かして飲むだけではどうしても習慣化できず、長続きしないとお悩みの方もいらっしゃるようです。
もっとおいしく青汁を楽しむことができれば、青汁を習慣化することができるのではないか。そのような思いから、青汁をつかった料理レシピをお届けさせていただきます。

本日ご紹介するのは「青汁フレンチトースト」

青汁のほろ苦さが甘さを引き立て、また鮮やかな青汁のグリーンが、バナナやいちごなどお好みのフルーツとも相性の良い「青汁フレンチトースト」をご紹介します。フルーツが添えられ、最後にシュガーパウダー適量をまぶした「青汁フレンチトースト」は、まるで春らしい青々とした野原に咲く一輪のお花のよう。見栄えも味も青汁らしくないため、お子様でも楽しくお食事をしていただけるのではないでしょうか。

「青汁フレンチトースト」の材料

(一人分)
フランスパン 1/4本
卵 1個
牛乳60cc
砂糖小さじ1
バター小さじ1
バニラエッセンス 数滴
シュガーパウダー適量
いちご・バナナなどお好みのフルーツ
「金の青汁」1/2パック

「青汁フレンチトースト」の作り方

1.卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンス、「金の青汁」1パックを混ぜます。
2.フランスパンをお好みの厚さに切り分けます。
3.フランスパンを[1]の液に漬け込みます。何度かひっくり返しながら、ゆっくり漬け込みましょう。
4.フライパンでバターを溶かします。弱火でゆっくり、バターが焦げ付かないように気を付けて。
5.フランスパンを弱火で焼き上げます。
6.片面に焼き色が付いたら、フランスパンをひっくり返します。
7.両面に焼き色が付いたらお皿に盛り付け。
8.あらかじめ切っておいたお好みのフルーツと一緒にお皿に盛り、シュガーパウダーをまぶしたら完成。

おいしく美しく仕上げるコツは、フランスパンの側面には[1]の液を付け込まないこと。フランスパンの白い部分だけに、青汁を溶け込ませた液をたっぷり吸わせてください。また、焦げ目が付いたらすぐにひっくり返すことで、外は「さくっ」中は「とろとろ」の「青汁フレンチトースト」が出来上がります。

大麦若葉だからこそ「フレンチトースト」に溶け込みます

青汁がフレンチトーストになるの!?と驚きの方もいらっしゃると思います。おいしさの秘密としては、国産の大麦若葉だからこそフレンチトーストに使われる卵や砂糖、バニラエッセンスとの相性を引き出すことができます。

青汁には様々な原材料や製法があり、有名なものでは「ケール」「明日葉」などが挙げられます。昔流行った冷凍型の青汁では、「ケール」が定番でしたね。この「ケール」「明日葉」等他の青汁の原材料と比べ、大麦若葉だけが全部において優れた栄養素を保持しているわけではなく、例えば「ケール」のほうが大麦若葉よりも多くのカリウムやマグネシウムといった一部栄養度を保持していることもあります。
しかしながら大麦若葉の最大のポイントとしてはその「クセの無さ」が特徴に挙げられます。きちんと栄養素をたっぷりと保持した優秀な野菜なのに、青汁にした時に、とても飲みやすいのですね。
「ケール」のほうが有利な栄養素も確かにあるため、それを補うためにケールと大麦若葉をブレンド配合した青汁もあります。しかし、人間は意志が強くない側面もあるため、「良薬口に苦し」と言い続けてもなかなかおいしくないものは続かないのですね。日本薬健はそこに注目し、国産で丁寧に育てられた大麦若葉だけを使用し、独自のフレッシュパック製法で仕上げた青汁を販売するに至りました。

そのため、「ケール」を原材料とする青汁で「青汁フレンチトースト」を作っても、恐らく味わいは満足できないと思います。クセがなくまろやかな味わいでありながら、料理に溶け込むとほろ苦さが甘さを引き立てる大麦若葉だからこそ楽しめるレシピです。

もっと「青汁フレンチトースト」を楽しもう

フレンチトーストの分量は、フランスパンに応じて変えることができます。フランスパン1/2でしたら、卵は2個、牛乳は60cc、と分量をそれぞれ増やしてください。
また、「金の青汁」の分量は、味わいに慣れてきたらレシピ記載の分量よりも2倍程度まで増やしても大丈夫です。色合いが綺麗に仕上がる分量はレシピ通りとなりますが、「金の青汁」を2倍に増やしても、苦味などが2倍になることはなく、しっかりと砂糖の甘み、バニラエッセンスの風味をサポートするでしょう。

「金の青汁」で、「青汁フレンチトースト」をお楽しみ下さい。