青汁への3つのこだわり

HOME > 青汁への3つのこだわり

こだわり1 大麦若葉

九州の契約農家さんが心をこめて育てた大麦若葉です!

九州の厳選された土地からの恵みと、契約農家さんの手で大切に育てられた大麦若葉。栽培期間中、農薬は一切使っていません。安心、安全を第一に考えているから、ご家族みなさんでお召し上がりいただけます。

国産大麦若葉100%
農薬不使用栽培
無 添 加
生産者の声

九州の厳選された土地で契約農家の手で大切に育てられた大麦若葉。大地の恵みから栄養をたっぷりと含んだその大麦若葉を使用した贅沢な一杯は栄養はもちろんのこと、「飲みやすさ」 「安心安全」にもこだわっています。

毎日飲み続けてほしい、【私たち食のプロからもオススメできる】至福の一杯です。

九州の厳選された土地で契約農家の手で大切に育てられた大麦若葉。大地の恵みから栄養をたっぷりと含んだその大麦若葉を使用した贅沢な一杯は栄養はもちろんのこと、「飲みやすさ」 「安心安全」にもこだわっています。

毎日飲み続けてほしい、【私たち食のプロからもオススメできる】至福の一杯です。

大麦若葉の栄養のヒミツ

味噌や醤油などの発酵食品としてや麦ごはんとしてなど、古くから日本人に親しまれてきた大麦の実。

大麦は実をつけるための栄養を若葉のときからたっぷり貯えます。さらに若葉は味にクセがなく、美味しいことから青汁の原料として親しまれている素材。この大麦若葉をまるごと粉砕し、粉末にすることで、食物繊維やビタミンE、鉄などがたっぷり入っているので、野菜不足の改善におすすめです。

大麦若葉の栄養をレタス・トマトで比較

大麦若葉は他の野菜と比べてビタミン、ミネラルなどの栄養素がこんなに豊富
大麦若葉は他の野菜と比べてビタミン、ミネラルなどの栄養素がこんなに豊富

※大麦若葉を100としたときの各野菜の栄養素比較。
※大麦若葉の栄養成分は当社調べ。レタスとトマトは本食品標準成分表2010参照。
※大麦若葉は生葉100gあたり、レタスとトマトは可食部100gあたりの数値を用いて計算。

こだわり2 製造

農産物の栽培・収穫および一次加工

大麦若葉などの青汁原料は契約農家にて栽培したものを収穫後、時間をおかずに一次加工する必要があり、生産農家との綿密なやりとりを行っています。さらに農産物では避けることの出来ない品質のばらつきをチェックし、一定水準をクリアした品質の高い原料のみを使用しています。

気流式殺菌設備 
一次加工された原料をくまなく殺菌

新鮮なうちに加工され、粗い粉末の状態で搬入された原料を隅々まで殺菌する気流式殺菌設備。粉体は塊の大きなものに比べ、表面積が広くなるため、殺菌工程はより確実に行わなければなりません。そこで加熱水蒸気を利用して、粉体の一粒一粒までくまなく殺菌できる方式をとっています。

粉砕設備 
一次加工原料をまるごと粉砕

粗い粉末の状態になった大麦若葉は、粉砕設備によって、極めて微細な粉末となります。日本薬健の青汁は、この超微粒粉砕製法でつくられるため、大麦若葉の栄養素をそのまま含んだ青汁ができるのです。

こだわり3 品質

毎日飲んでいただきたいから素材にもこだわっています。
金の青汁の大麦若葉は、九州の契約農家さんが土にこだわり、栽培方法にこだわり、収穫のタイミングまでにこだわりながら心を込めて大切に育てています。
もちろん、農薬不使用&無添加!

フレッシュパック方式
(脱酸素充填)
残留農薬検査パス
放射能検査パス

鮮度へのこだわり

パックの中の酸素が少ないので、粉末が酸化されにくく、大麦若葉のおいしさが長持ちします。

※純国産大麦若葉100%粉末で採用

徹底した品質管理

安全性を徹底するべく、大麦若葉は定期的に308項目の残留農薬検査・放射能検査を実施し、問題ないことを確認しています。

フレッシュパック方式(脱酸素充填)

鮮度へのこだわり

パックの中の酸素が少ないので、粉末が酸化されにくく、大麦若葉のおいしさが長持ちします。

※純国産大麦若葉100%粉末で採用

残留農薬検査パス
放射能検査パス

徹底した品質管理

安全性を徹底するべく、大麦若葉は定期的に308項目の残留農薬検査・放射能検査を実施し、問題ないことを確認しています。