コラム

おすすめの青汁の飲み方は?

1日の始まりは青汁でスタート!栄養を巡らせよう

青汁のオススメの飲み方としては「決まった時間に飲む」ということを習慣化することです。特別な方法はなく、朝、昼、夜の「決めた時間」に必ず飲む環境を整るだけで良いです。これから青汁をスタートしたい、既に少しスタートしているという方は「いつ飲めばいいの?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、目的に合わせて上手に使い分けると良いでしょう。

栄養補給が目的の方は基本的に朝召し上がる事が最も良いといわれてます。その理由は寝ている間に体のエネルギーが全て消費され、目が覚めた状態は軽い飢餓状態になっているので、この時に青汁を飲むことで全身に栄養を巡らせることができるようになります。こうすることで脳、体の各器官、筋肉などが円滑に動き出す為良い1日のスタートを切ることができます。本来ならば朝食を召し上がることもオススメしますが、時間がない方は最低限青汁だけを飲むようにしておくとよいでしょう。現在市販されている青汁の殆どが手間が掛からずに5分程度で飲むことができるので習慣化できる環境を見つけておきましょう。

青汁を決まった時間に飲むだけで朝から栄養を巡らせて良い状態で仕事や生活を送ることができるので、精神的にも肉体的にも安定したパフォーマンスを発揮することが期待できます。また朝だけでなく、昼・夜に召し上がっていただいても構いませんが、1日の始まりである目覚めた直後が栄養補給としては最も効果的となっています。

ダイエット目的の場合は食前に飲もう!青汁の効果を知ろう

ダイエット目的の方が青汁を利用する場合は「飲むタイミング」が異なります。ダイエットを成功させる為にはカロリーコントロールが必要となり、必然的に食べる量、食べる物を制限したりコントロールする必要があります。大半の方がこの「コントロール」がきつくてダイエットを諦めてしまったり、失敗してしまいますが、青汁を食前に飲むだけで満腹中枢を刺激することができるので「おなかいっぱい」になりやすくしてくれます。

つまりお腹が満たされたと頭で感じることができるため「食べる量=カロリー量」を減らすことができます。ただ、青汁を沢山飲めばいいということではなく、こちらも決められた時間(食前の30分前~60分前を目安)に摂取するようにしましょう。※沢山飲むというよりも続けることが重要です。朝、昼、夜の食前に飲むのがオススメです。

そして青汁には豊富な栄養素+食物繊維が含まれているので美容面の効果も期待できるだけでなく、腸内環境を正常化にしてくれるので便通を改善させる働きがあるので便秘持ちの方にはオススメです。また腸内環境が整いだすことで免疫力が自然とアップするので体調を崩しにくくなり、健康な状態をキープしやすいのも良い点です。
さらに、青汁には脂肪を燃焼させる効果があるため、ダイエット効果を更に高めてくれるのも魅力です。ダイエット中に青汁を飲むということで、ダイエットをサポートしてくれます。

便秘解消に大活躍の青汁を効果的に利用しよう

便秘を解消したい方は食前よりも就寝前を目安に飲むとより効果的です。ただし、これには重大なポイントがあります。多くの方がこのような話を聞くと、就寝前に飲むことが良いと誤解を受けてしまいますが、就寝前ぎりぎりに飲むと人によっては寝付けない場合があるので注意してください。理由ですが、食物繊維を豊富に含む青汁を就寝前に摂取することで蠕動運動が促進されるからです。(腸の働きが活発になるということ)
この働きによって寝苦しさ、浅い眠りなどが引き起こされる可能性があるので、就寝前ぎりぎりに摂取するというのではなく、就寝前を目安に召し上がることをオススメします。※最低でも1時間30分前を目安にしておきましょう

体質、生活環境、体調によっても違いがあるものの、就寝前が良いという理由だけで摂取しないようにしてください。どれだけ優れた物であっても「飲むタイミング」が乱れると健康的にも良くない影響を与えるということを知っておきましょう。

就寝前以外に召し上がる方法としてオススメなのはヨーグルトと一緒に摂取することです。これによって腸内環境がさらに整うだけでなく、ホルモンバランスの安定にも役立つ為です。
ヨーグルトに混ぜることで青汁をさらに食べやすくする効果もあるので、面倒な方はヨーグルトと一緒に召し上がるとよいでしょう。

時間がない方は青汁をさっと作って飲めるので、その人のスタイルに合わせて青汁を活用するとよいでしょう。

習慣化こそが青汁を上手に活用する方法

朝、昼、晩、どのタイミングで利用するにしても青汁は「習慣」的に続けることが何よりも大切です。そして青汁を何も考えずに摂取していると効果が半減しますが、飲むタイミングなどに気を付けるとさらに効果を高めることが可能です。人によって青汁を活用する目的が異なると思いますが、ご自身の環境・ライフスタイルに合わせて賢く・上手く・楽しく利用するようにしましょう。