コラム
HOME > コラム > 無添加の青汁を選ぼう!国産・農薬不使用栽培のおすすめ商品を紹介

無添加の青汁を選ぼう!国産・農薬不使用栽培のおすすめ商品を紹介

毎日の健康を手軽にサポートできる青汁の中でも、最近特に人気を集めているのが、無添加のタイプです。
そこで今回は、無添加の青汁が人気を集める理由や、無添加の青汁を選ぶときに注意したいポイント、国産で農薬不使用栽培のおすすめ商品について紹介します。

青汁はなぜ無添加のほうがいいの?

無添加の青汁は、なぜ人気を集めているのでしょうか。
まずは、無添加の青汁を選ぶ人が増えている理由について解説します。

食品添加物とは

「無添加」とは、いわゆる「食品添加物」が入っていないという意味で使われる言葉です。
食品添加物は以下のような目的で使われていて、使用しても良い食品添加物は、国によって定められています。

  • 食品を長持ちさせる
  • 形を良くする
  • 色や香りをつける
  • 味や舌ざわりを良くする

食品添加物には、保存料、着色料、甘味料、防カビ剤などの種類があります。

食品添加物の安全性

食品添加物と耳にすると、何となく体に害がありそうなものというイメージを持つ方もいるかもしれません。
しかし、食品添加物は内閣府に設置される食品安全委員会によって食品健康影響評価(リスク評価)が実施され、厚生労働大臣が認めたものだけが使用されています。
科学的なデータに基づいてADI(許容一日摂取量)も設定されているため、「食品添加物が入っている食品=安全ではない」ということはなく、過度に心配をする必要はないでしょう。
とはいえ、食品添加物によって味に変化が加えられることもあるため、自然由来の味を楽しみたい方には無添加の商品がおすすめです。
特に、青汁をはじめ、野菜や果物など自然由来の原材料が使われた食品については、「無添加ならではの味わいを楽しみたい」と考える方が多く、無添加の商品の人気が高まっています。

無添加の青汁を選ぶときに注意したいポイント

自然由来の味や香りを楽しめる無添加の青汁商品を選ぶ場合、いくつか注意しておきたいポイントがあります。
実は、無添加と一口に言ってもいくつかの種類に分類されるため、「無添加」と表示されていれば何でも良いというわけではないのです。
そこで続いては、無添加の青汁を選ぶときに注意したいポイントを解説します。

完全無添加 or 一部無添加

無添加とは、食品添加物が入っていないという意味で使われる言葉ですが、実際には、食品添加物がまったく入っていないわけではありません。
無添加という表示には以下のような種類があります。

一部無添加 食品の一部だけが無添加で、それ以外は添加物を使用している場合がある
原材料の添加物表示省略 原材料に添加物が使用されている場合がある。
例えば、栄養強化剤などは記載されていない場合もある。
完全無添加 食品添加物が一切使用されていない商品。

 

一部無添加の青汁商品は、合成香料や合成着色料などが入っている場合もあります。
どんな添加物が入っているのかが気になる場合は、商品の成分表示を確認しましょう。

農薬の使用について

青汁を選ぶときに、無添加の表示と合わせて注目したいのが、農薬の使用に関する表示です。
原材料となる野菜や果物への農薬の使用については、厚生労働省や農林水産省が定めている使用量や残留量の基準があります。
現在市販されている青汁商品は、すべてこれらの基準を満たしているため、過度に心配する必要はないでしょう。
とはいえ、農薬不使用栽培の原材料が使われた青汁のほうが、安心感を与えるのも事実です。
気になる場合は、パッケージの表示やホームページを確認して、農薬使用の有無を調べてみましょう。

原材料の産地や農家

より安心で安全な青汁を選びたい場合は、原材料の産地についても注目したいポイントです。
例えば外国産の青汁は、値段が安いというメリットがある一方で、栽培過程や品質検査の把握が難しいというデメリットもあります。
また、国産と表示された青汁が必ずしも国産原料100%というわけではありません。
食品表示法に基づく食品基準によって、青汁の原材料のうち51%以上が国産の商品は、「国産」と表示して良いことになっています。
そのため、すべての原材料が日本国内で栽培された青汁商品を希望する場合は、「国産原料100%」と表示のある商品や、ホームページなどで栽培農家や栽培過程を公表している商品を選ぶと良いでしょう。

無添加で農薬不使用栽培!国産青汁100%のおすすめ商品を紹介

ここまでは、自然由来の味や香りを楽しめる無添加の青汁商品を選ぶときの基準として、以下の3点を説明しました。

  • 完全無添加か(一部無添加ではないか)
  • 農薬は不使用か
  • 原材料はすべて国産か

続いては、これらの基準をすべて満たしたおすすめの青汁商品について紹介します。

純国産大麦若葉100%粉末

日本薬健が販売する「純国産大麦若葉100%粉末」は、九州の契約農家の手で農薬を一切使うことなく栽培された国産の大麦若葉を、惜しみなく100%使用した青汁です。
栽培から製造まですべて日本国内で行われているため、「純国産」の商品となっています。
他にも、純国産大麦若葉100%粉末には、以下のような魅力があります。

  • 香料・着色料などが使われていない完全無添加
  • 収穫から24時間以内に加工されている
  • パック中の酸素が少なくなる「フレッシュパック方式」採用で、鮮度が長持ちする
  • 抹茶風味で、青汁特有の青臭さがない
  • 携帯にも便利なスティックタイプ

純国産大麦若葉100%粉末が原材料として使用する大麦若葉は、青臭さが少なく、食物繊維やミネラル、ビタミンをなどの栄養素をたっぷり含んだ野菜です。
添加物や農薬が一切使われていないというだけでなく、鮮度を保つ工夫もされているため、美味しさや飲みやすさを基準に青汁を選びたいという方にもおすすめです。
野菜が嫌いという方や小さなお子様でも飲みやすく、食事だけでは不足しがちな野菜の栄養を補うことができます。

毎日飲む青汁は無添加・国産・農薬不使用栽培がおすすめ!

今回は、無添加の青汁や農薬不使用栽培の原材料が使用された青汁の魅力について解説しました。
日本では、食品添加物に関する基準がしっかりと定められているため、「食品添加物が入っているから健康に悪い」ということはありません。
また、農薬についても、国が定めた基準があるため、過度に心配する必要はないでしょう。
とはいえ、農薬不使用栽培の野菜を原材料とした無添加の青汁には、自然由来の味、素材が本来持つ味を楽しめるという魅力があります。
毎日口にする青汁だからこそ、安心で安全なものを選びたいという方は、今回紹介した商品も参考に、パッケージに「完全無添加」「農薬不使用」といった表示がある商品を探してみてはいかがでしょうか。