コラム

青汁で補給できる「食物繊維」はどんな効果があるの?

食物繊維の優れた効果と本当の魅力とは

食物繊維に関して曖昧に捉えている方も多いと思いますが、ダイエットを行う上では非常に重要な栄養素になってきます。
食物繊維を摂取することで腸内環境を正常化する働きがあることがわかっています。それ以外にも多くのメリットがあるためダイエットだけでなく、健康を維持するためにもとても必要な栄養素になってきます。

また食物繊維は大きく分けると2つの種類があります。一つは不溶性食物繊維といい水に溶けないものです。もう一つは水溶性食物繊維といい、水に溶けるものをさします。
この二つでも厳密には大きく違うので、まずは食物繊維にも二つの種類があるということを理解しておくことが大切です。

主な働きは下記のとおりです。
不溶性食物繊維の働き…水分の吸収を高め、排泄を促す
水溶性食物繊維の働き…血中コレステロール値を下げる働き、血糖値の上昇を抑える働き、善玉菌を増やして腸内環境を整える働き

食物繊維を摂取しないと胃腸の働きが活発にならないだけでなく、悪玉菌を抑制することができないのでダイエット面だけでなく、健康面でも非常にマイナスが増えてしまいます。食物繊維を正しく摂取することが健康を維持するためには大切だと改めて再認識しておく必要があります。

またダイエット面で何が良いかというと、食物繊維を含む食材を摂取することで満腹感を感じることができるため、必然的にトータルカロリーを抑制することができます。これによりカロリー増加を防ぐことができるのがメリットとなっています。

不足することでがんの発生リスクを増大させる

また具体的に私たち日本人の食生活では食物繊維がどうしても不足してしまいます。食事による摂取がなかなか難しいため、現状では青汁のような食物繊維を豊富に含む飲料・食品などを活用することがもっとも効果的となっています。

また他にも食物繊維は血糖値を正常に保つ働きがあるため、糖尿病などの重大な病気を防ぐことができるのも優れたポイントです。
ただ健康を維持するということではなく、食物繊維を摂取するということは様々な防ぐことができるということです。

他にも食物繊維を多く摂取することで免疫力を向上させることができるため、風邪や体調不良を引き起こしにくいカラダにすることもできます。

ただし、一点注意があります。それは食物繊維を就寝前に摂取してしまうと胃腸の働きが活発になってしまうため、良い睡眠ができない可能性が高くなります。
つまり、どれだけ優れたものであっても飲むタイミング、摂取するタイミングが大切だということを理解しておく必要があります。

食物繊維はダイエット面でも重要な栄養素ですが様々な健康効果があることを覚えておきましょう。

実際の野菜で摂取するとどれくらい必要かを知る

大まかな数字として掲げられているのが、成人男性の場合は1日20グラム以上、女性の場合は1日に17グラム以上摂取すると良いといわれています。
ただしこれを食事で摂取しようとすると、下記のような量が必要です。

※全て100グラムあたり
だいこん約0.5
れんこん約0.2
モロヘイヤ約1.3
ほうれんそう約0.7
グリーンピース約0.6
干しいたけ約3
インゲン豆約3.3

食べ物でいうと「100グラム」でこれだけの量しか摂取できません。つまりこれを1日辺りの数字に換算すればいいだけなので、食事で摂取することがどれだけ大変かというのを理解してもらえると思います。

私たち日本人の食事はもともと根菜が中心とはいえ食事で摂取するのは非常に難しいのが現状です。よって青汁などの豊富な栄養素と食物繊維を含む飲料をうまく活用することが賢い摂取方法といえます。

また青汁のメリットは何よりt手軽さです。調理の手間がほとんどなく、簡単に摂取し続けられるため、どれだけ多忙な人であっても習慣的に1日に必要な食物繊維量を摂取することが可能です。

ヨーグルト、グラノーラ、牛乳といったようにその日の気分に合わせて摂取方法を変えることができることも続けられる面では非常に良い部分です。
食事の場合だと、摂取することに合わせて調理することも大変になります。
ここが青汁の最大のメリットといってもいいでしょう。
青汁は食物繊維を補う上ではとても効果的な栄養補助食品となっています。

手軽さと気軽に摂取できる青汁の優れた魅力

食物繊維だけでなく、様々な栄養が豊富に含まれているため、青汁を飲むことで栄養不足をカバーできるのもすばらしいポイントです。
ダイエット面だけでなく、健康を維持したい方、美容に気を使っている方、何より全ての人に対して青汁は非常に良い効果が期待できます。
つまり青汁を飲むということは全てにおいて優れた効果が期待できます。