コラム

青汁をお供にダイエット!やってはいけない行為は?

ダイエット前の行動に要注意!該当する行為を見直そう

青汁にかぎらずダイエットを行う上で控えたほうがよい行為がいくつかあります。代表的なものはたばこやお酒です。これはアルコールによって肝臓のビタミンCが大量に消費され、体内のビタミンCを欠乏させるリスクがあるためです。(適量ならOKですがダイエット中はオススメできません。またお酒によるカロリーも重大な問題になるので控えることが大切です。)たばこも同様に、体内のビタミンCを消費させる為、ダイエット中には行わない方がよいでしょう。

さらに、ダイエット中は「栄養不足」になりやすいため注意が必要です。具体的にはビタミン・ミネラルの不足によって、体力の回復が遅れたり、免疫力が低下したり、爪、髪の毛等に影響がでたりと、体に多くの影響を及ぼします。たばこやお酒だけに関わらず、暴飲暴食、バランスを欠いた睡眠時間などの生活リズムの乱れには気をつけましょう。

栄養不足を防ぎ、健康な状態でダイエットを成功させることが「リバウンド」しにくく、痩せやすい体質を作る上ではポイントになってきます。


温度や組み合わせに注意!正しい知識を身につけよう

青汁を摂取する際、何で溶かして飲んでいますか?ウォーターサーバー等から直接水を入れている方は、ちょっとご注意。冷たい飲料を飲みすぎると体の臓器が冷えて代謝が低下する恐れがあります。常温~少し温かい程度で飲むこともおすすめです。

また、青汁に甘みを足して飲む方もいらっしゃるようですが、砂糖には気を付けてください。砂糖などの糖分は体内のビタミンB群を消費してしまうため、青汁に含まれているビタミンB群を無効化してしまう恐れがあります。砂糖を入れて摂取する際には入れ過ぎに注意が必要です。弊社の「金の青汁」は大麦若葉を使用しており、砂糖をいれなくても十分美味しくお召し上がり頂けるはずです。

どうしても甘味がほしいという場合は「はちみつ」を活用すると良いでしょう。砂糖とは違い、はちみつは栄養素の吸収を助け、青汁の栄養素を体内に吸収しやすくしてくれる効果があるのでオススメです。ただし、はちみつはカロリーがあるため、入れすぎないようにしておきましょう。


絶食はNGです

ダイエットの成果を急ぐあまり、極端な食事制限を行う方がいらっしゃいますが、絶食は避けてください。青汁には豊富な栄養素が含まれていますが、万能薬ではありません。青汁だけで日常生活に必要なカロリー、栄養素は補えませんので、1日3食しっかりバランスのよい食事を心がけてください。青汁は、バランスの良い食事をさらにサポートするものとしてご利用ください。
絶食による極端なダイエットを行ってしまうと、一時的に効果は得られる可能性がありますが、体が栄養を欲してしまい、いわゆるリバウンドしやすい体質になってしまう恐れがあります。青汁によるダイエットに限らず、食事制限は気を付けて行わないと体質そのものへの影響がでてしまいます。
栄養面について十分に配慮したうえで、夜ご飯だけ青汁による置き換えダイエットを行うなどの工夫は良いでしょう。バランスのよい習慣を心がけることが、ダイエット成功の近道となります。無理せずに青汁を楽しむつもりでダイエットを心がけてください。

やってはいけない行為を頭にいれて上手に活用しよう

なによりも大切なのは、青汁を習慣化すること。過度なダイエット、急激なダイエットは控えて、生活習慣の正常化にゆっくり取り組むつもりで、そのサポート役として青汁をご活用ください。