コラム
HOME > コラム > 青汁シフォンケーキの作り方、アレンジ方法を紹介

青汁シフォンケーキの作り方、アレンジ方法を紹介

毎日の健康をサポートしてくれる青汁は、ドリンクとして飲むだけではなく、シフォンケーキなどの手作りお菓子に取り入れて、お子様のおやつにするのもおすすめです。
今回は、青汁の粉末を使ってシフォンケーキを作る方法やアレンジレシピを紹介します。

青汁シフォンケーキの基本レシピ

では早速、青汁シフォンケーキの基本的なレシピを見ていきましょう。

【材料(直径20cmの型・1台分)】
薄力粉:125g(A)
ベーキングパウダー:小さじ1(A)
青汁粉末:30g(A)
卵黄:8個分
卵白:8個分
グラニュー糖(卵黄用):50g
グラニュー糖(卵白用):90g
サラダ油:大さじ4
豆乳:100ml
※直径17cmの型で作る場合は、材料をすべて半量にしてください

【作り方】
① Aを合わせてふるっておく
② 大きめのボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーで混ぜる
③ ②のボウルに砂糖を何回かに分けて入れる
④ さらに混ぜ、メレンゲを完成させる
⑤ 別のボウルを用意し、卵黄と砂糖をハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜる
⑥ ⑤のボウルに少しずつ油を加え、ハンドミキサーで混ぜる
⑦ さらに豆乳を少しずつ加えながら、泡立て器で混ぜる
⑧ Aをもう一度ふるいながら、⑦のボウルに加え、泡立て器で混ぜる
⑨ ④で完成させたメレンゲを、お玉1杯分ほど加え、泡立て器で混ぜる
⑩ 残りのメレンゲも何回かに分けて加え、泡立て器で切るように混ぜる
⑪ すべてのメレンゲが入ったら、ヘラですくうように混ぜて馴染ませる
⑫ ⑪を型に流し込む
⑬ 180℃に温めておいたオーブンに入れ、30~40分焼く
⑭ 焼き上がったら、型のまま逆さまにして、冷ます
⑮ 冷めたら、型から外して完成

でき上がったシフォンケーキは、抹茶ケーキのような色をしています。
生クリームやフルーツとも相性が良く、カットして盛り付ければ、ティータイムを華やかに彩ってくれるでしょう。

青汁シフォンケーキのアレンジレシピ

青汁シフォンケーキは、さまざまなアレンジが楽しめるレシピです。
続いては、先ほど紹介した基本レシピの簡単なアレンジ方法について紹介します。

豆乳を牛乳に変える

青汁シフォンケーキは、材料の豆乳を牛乳に変えるアレンジもおすすめです。
ケーキがふわふわした仕上がりになり、口当たりが軽やかになります。
また、牛乳には豊富なカルシウムが含まれているため、成長期のお子様のおやつにもおすすめです。

サラダ油をオリーブオイルに変える

栄養価が気になるという方や、太りにくい油を使いたいという方におすすめしたいのが、サラダ油をオリーブオイルに変更するアレンジです。
悪玉コレステロール(LDL)を減らすはたらきがあるオレイン酸が含まれたオリーブオイルは、太りにくい油だと言われています。抗酸化作用のあるポリフェノールや、各種ビタミンも含まれていて、健康を重視する方におすすめです。
特有の香りは焼き上げる間に飛ぶので、心配する必要はありません。

砂糖をてんさい糖に変える

青汁シフォンケーキに使用する砂糖を、グラニュー糖からまろやかでやさしい甘みが特徴のてんさい糖に変更してみるのもおすすめです。
てんさい糖とは、大根のような見た目をした北海道の代表作物てん菜から作られた砂糖で、整腸作用や腸内細菌を増やす作用がある、天然のオリゴ糖が含まれています。

薄力粉を米粉に変える

お菓子の材料としてよく使われる薄力粉ですが、小麦アレルギーを持つお子様は食べることができません。そこで近年注目を集めているのが、米粉を使ったお菓子です。
今回紹介した青汁シフォンケーキのレシピは、薄力粉を米粉に変えて作るアレンジも可能です。
米粉を使うことでもっちりとした食感を楽しむことができるでしょう。

シフォンケーキに使う青汁の選び方

青汁シフォンケーキの材料の中でもっとも重要視したい材料は、やはり青汁です。
ここからは、手作りシフォンケーキに使用する青汁を選ぶときに、押さえておきたいポイントを解説します。

粉末タイプの青汁が便利

シフォンケーキを作る場合、青汁を薄力粉(または米粉)やベーキングパウダーなどの粉類と合わせてふるいにかけます。
そのため、粉末タイプで販売されている青汁商品を選ぶと便利なのはもちろん、スティック個包装タイプなら計量する手間も省けるでしょう。

原料は大麦若葉がおすすめ

シフォンケーキに使用する青汁の原料は、独特の青臭さが少ない大麦若葉がおすすめです。
特に、苦味が少ない大麦若葉100%の青汁はまろやかな味わいが魅力です。

抹茶風味の青汁が美味しい

青汁シフォンケーキには、抹茶風味の青汁粉末が良く合います。
抹茶シフォンケーキに近い味となるため、野菜嫌いの方でも美味しく食べられるでしょう。

国産100%・無添加・農薬不使用

青汁シフォンケーキをはじめ、手作りお菓子を作るときに重視したいのが「食の安全」です。
国産100%の原料で無添加・農薬不使用栽培の青汁なら、小さなお子様向けのおやつの材料としても安心感があるでしょう。

例えば、日本薬健が販売する「純国産大麦若葉100%粉末」は、契約農家の手によって農薬を使わず栽培された国産の大麦若葉100%の青汁粉末です。
香料や着色料などを一切使用していない完全無添加の青汁商品なので、自然由来の美味しさを余すところなく楽しめます。
3gごとにパックされた個包装なので、計量の手間がなくお菓子の材料に活用できるのもポイントです。

青汁シフォンケーキなら子どもも喜ぶ!簡単レシピを試してみよう

今回は、毎日飲む青汁の味に飽きてきたという方はもちろん、お子様に栄養のあるおやつを手作りしてあげたいというお母さん、お父さんにもおすすめしたい青汁シフォンケーキのレシピを紹介しました。
簡単なレシピなので、お子様と一緒に作ってみるのも良いですね。
抹茶のような風味で食べやすく、食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養も豊富に含む青汁粉末を活用して、ぜひお菓子作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。