コラムcolumn
品質管理

どの青汁が良い?ダイエットするなら知りたい、青汁の比較方法

青汁の種類で異なる栄養価について理解しよう!

青汁にも沢山の種類があります。青汁の種類によって栄養価が異なってくるので、ダイエットに利用される方は「どの青汁」が良いかをチェックしておくことをオススメします。

青汁の種類については下記のものが代表的な材料となっています。

■大麦若葉…代表的な青汁の材料である大麦若葉。ポイントはクセが少ないことです。青汁が「まずい」というイメージがありますが、大麦若葉を使った青汁はクセも少なく飲みやすいといえます。「金の青汁」も大麦若葉を使用しています。
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB、豊富なミネラルに食物繊維が含まれていることが特徴です。

■ケール…従来はTVCMでも多く露出があり、青汁といえばケールと呼ばれるくらい有名の材料。B-カロテン、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル群などが豊富に含まれています。ただし独特なクセがあり、人の好みが別れるでしょう。

■明日葉…ビタミンC、カリウム、カルシウム、食物繊維等が豊富に含まれており、栄養価の高さはケールに匹敵するほど。飲みやすい部類に入ります。

■桑の葉…高い抗酸化作用があるポリフェノールが含まれていることが特徴。また食物繊維、ビタミンE、カルシウム等が豊富に含まれています。クセが強く、好みは別れるでしょう。

青汁の飲みやすさと続けやすさがポイント

青汁にも沢山の種類がありますが、重要なポイントとして栄養価だけではなく「飲みやすさ」も大切。個人によってどの青汁が飲みやすいかが異なる為、自分にぴったりの青汁を選ぶことが大切です。つまり美味しく飲める青汁を探すことがダイエッのためには大切です。続けられなければ効果が期待しにくいため、飲み続けられる青汁を選ぶようにしましょう。

一部では、「良薬口に苦し」ではないですが、青汁はまずいほど効果があると勘違いされているようです。これにはかつて有名になったTVCMも影響していると思われますが、青汁=まずい、まずい=栄養がある、という考えはすでに過去のもの。人間は誰しもそんなに精神力が強くないので、ダイエットを始める前は気合を入れて「まずい青汁」を探してしまう方もいるようですが、結局続かない場合があります。

「金の青汁」では、栄養豊富でクセが少ない大麦若葉を使用しています。独自製法による加工、収穫から粉砕加工まで24時間以内に行う鮮度の高さにより、栄養面を損なわずに飲みやすさについてなによりも気にかけています。ぜひ一度、飲みやすい青汁としてお試しください。

習慣化するために粉末状がおすすめ

青汁には大麦若葉・ケール・明日葉などといった原材料のほかに、粉末状・缶ジュース・冷凍パックなどの形状にも様々な種類があります。これもダイエットするうえでは、青汁を選ぶときの比較対象になるでしょう。

ダイエットはなによりも継続できることが大切。そのために、手間がかかることは極力排除したほうがよいでしょう。極端なことを言うと、たとえダイエットを成功に導く置き換え食があったとしても、棚の奥底にしまってしまい、食事の度に取り出すと、ダイエットは失敗する可能性があります。目に触れずに習慣化のハードルがあるためです。

その点でいうと、冷凍庫でしか保存できず、解凍の手間がかかり、持ち運びができない冷凍パックは、ダイエットのお供としてはハードルが高いと言えます。次に缶ジュース形状の場合、飲みやすさと手軽さはありますが、今度はコストパフォーマンスの点で不安です。缶ジュース形状は、粉末形状に比べて1杯あたりの価格に開きがあります。

「金の青汁」では、持ち運びに便利で保管もしやすい粉末状の青汁を提供しています。ぜひ、ダイエットのお供に「金の青汁」をご検討ください。

青汁はダイエットを成功させたい人の強い味方

昔と違い、現在の青汁はとても飲みやすくなっています。青汁を活用しつつ、食事のバランスや総合的なカロリーを考え、習慣化してダイエットを成功に導いてください。