コラムcolumn
品質管理

ダイエットに良い「青汁を飲むタイミング」は?その理由は?

1日2回の習慣化がオススメ

青汁を飲むタイミングは、青汁を飲む目的によって変化します。具体的には、痩せたい人、健康増進の人、無理なく体重を絞りたい人といったように、目的に応じて摂取量、タイミング、時間などを考える必要があります。

健康目的の人の場合…1日2回程度、食事前後で飲料の変わりとして青汁を飲むと良いでしょう。それほど気にすることもなく、続けることが大切です。普段の食事と組み合わせて摂取することで、無理なく続けることができます。

痩せたい人の場合…飲む時間帯やタイミングは1日2~3回を目途にし、早朝の目覚めた直後、昼食前、夜眠る前2時間前がオススメです。回数については多く飲めばよいというものではないので、習慣化できるように心がけてください。基本的には食事前に摂取し、満腹中枢を刺激するようにしましょう。こうすることで食事の食べ過ぎを防ぎ、摂取カロリーを減らすことができます。

無理なく絞りたい人の場合…飲むタイミングは1日2回~3回、タイミングは食事前。また食事全体のカロリーを調整する必要があるため、不足する部分を青汁で補うことが大切です。こちらも同様に体を絞りたい場合は基本的には食事前に摂取することがオススメです。

このように目的によっても青汁の摂取タイミングが少し異なる為、ご自身のボディーメイクに合わせて青汁を摂取することが大切です。
青汁は大変素晴らしい栄養価を持っている為、賢く利用することで全ての人が健康な状態を整えることができるようになります。

食前に飲みましょう

青汁は厳密的にいつ飲んでも構いません。ただしたくさん飲んでも、効果がそこまで変化するということではありません。摂取しすぎることで食物繊維の働きでお腹がゆるくなってしまったり、吸収しきれなかった栄養素が排尿によって体外へ出てしまう為、適度なバランスで飲み続けることが大切です。
その上で最も重要な習慣は、食事のタイミングに合わせて摂取すること。できれば食事前がオススメです。上記で触れましたが、食事前に摂取することで満腹中枢を刺激することができるため、食べ過ぎによるカロリーを抑えることが期待できます。

青汁を摂取しておくことで体内に必要のない脂質や糖分など不要な物を排出しやすくしてくれるため、余計なエネルギーを蓄積させにくくなります。青汁を飲むことで、太りにくい体を作る近道にもなります。また、小腹が空いた際にヨーグルトなどと一緒に組み合わせて摂取することで、カロリーを抑えながら栄養を補給することができます。空腹によるストレスを軽減することができる為オススメです。

習慣化しやすい、自分だけの青汁を見つけよう

青汁を上手に活用すれば、ダイエットの強力なパートナーになるでしょう。ダイエット中の空腹等によるストレスを軽減し、栄養をしっかり補給し心身の安定を保ちながら習慣化の手助けをすることで、ダイエットを後押しします。

最近疲れている、集中ができない、リバウンドしやすい、やる気がでない、すぐに眠たくなる、疲れが抜けないなどの場合は、体の栄養不足が深刻な状態です。これは過度な食事制限といった間違ったダイエットでもたびたび引き起こされます。栄養補給がスムーズになされていなければ、精神的に負の連鎖を招き、暴飲暴食からダイエットの失敗を招いたりする可能性もあります。

なによりも大切なことは、局所的に青汁を飲むことではなく、青汁の習慣化です。「金の青汁」は大麦若葉による飲みやすい青汁に仕上げていますので、習慣化を手助けするはずです。ぜひ青汁ダイエットには「金の青汁」をご検討ください。

青汁でいつでも笑顔溢れる最高の時間を手にする

人間の体は実に簡単にできており、栄養不足が訪れると「イライラ」「落ちつきがない」「やる気が出ない」「疲れが溜まる」などの症状が引き起こされます。勿論このままでも生きていくことはできますが、長期間続けば体は蝕まれるほか、ダイエットが成功する精神状態ではにことは明らかです。青汁で栄養を補給し、健康的なダイエットを目指しましょう。