コラムcolumn
品質管理

青汁で野菜不足は解消できる?野菜不足の現代人に青汁がおすすめの理由

仕事や子育てで忙しい毎日をお過ごしの方や一人暮らしの方など、野菜不足を感じている方も多いのではないでしょうか。皮をむく、切る、面取りやアク取りといった下ごしらえが必要な野菜の調理は、どうしても億劫になってしまいがちです。一人暮らしの方のなかには、自炊をしないという方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方におすすめなのは青汁です。今回は、野菜不足の現代人になぜ青汁がおすすめなのか、その理由をご説明します。

青汁で野菜不足は解消できる?野菜不足の現代人に青汁がおすすめの理由

野菜不足には青汁がおすすめ?

皆さんは、厚生労働省が「健康日本21」運動において、1日の野菜の目標摂取量を350gと推奨しているのをご存知でしょうか。しかし、平成29年の厚生労働省「国民健康・栄養調査」では20歳以上の日本人の平均野菜摂取量は288.2g と目標を下回っています。
忙しい生活を送っている現代の日本人にとって、350gの野菜を食べるのはなかなかに難しいものがありますよね。
そこで、現代人の野菜不足解消におすすめなのが「青汁」です。青汁にはビタミンやミネラル、食物繊維といった身体に必要不可欠な栄養素が含まれています。

野菜不足には青汁がおすすめ?

青汁に含まれる栄養成分とは?

青汁は、原料となる食材によって含まれる栄養成分が変わってきます。
例えば、青汁の原料でお馴染みの大麦若葉には、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、マグネシウム、カリウム、鉄といったミネラルが豊富で、食物繊維も非常に多いのが特徴です。
ケールが原料の青汁も有名ですが、ケールにはビタミンCやカリウム、βカロテン、カルシウムが多く含まれているという特徴があります。

青汁に含まれる栄養成分とは?

青汁を飲むだけで野菜不足は解消できる?

通常の食事だけでは不足しがちな栄養成分が豊富に含まれる青汁は、野菜不足解消におすすめです。しかし、残念ながら、青汁だけを飲んでおけば野菜不足を解消できるかというとそうではありません。
あくまで、青汁は健康補助食品です。栄養豊富だからといって青汁だけを飲むのではなく、青汁は通常の食事で足りない分の栄養を補うという目的で飲むようにしましょう。
日々の生活で野菜不足を感じている方は、いつもの食事に青汁を一杯プラスすることで、1日に必要な野菜の摂取量を補い、身体に必要な栄養成分を補給することができます。

野菜不足には青汁がおすすめ?

野菜不足を感じている方のなかには、野菜ジュースで栄養を補っているという方も多いのではないでしょうか。「1日分の野菜」と謳われた野菜ジュースも多く市販されていますよね。では、野菜不足を補うために、青汁と野菜ジュースはどちらが効果的なのでしょうか。
続いては、青汁と野菜ジュースどちらを飲めばいいのか分からないという方のために、青汁と野菜ジュースそれぞれの特徴や、向いている人をご紹介します。

健康やダイエットを重視する人は「青汁」がおすすめ

健康な毎日を過ごしたいという方や、ダイエット中の方が野菜不足を補いたいという場合には、野菜ジュースよりも青汁の方がおすすめです。
なぜなら、野菜ジュースのなかには糖分がたっぷりと含まれているものがあり、野菜ジュースの飲み過ぎは糖質過多になりかねないからです。
健康やダイエットを考えるのであれば、糖分が含まれていない青汁(大麦若葉100%やケール100%など)で野菜不足を補うほうがよいでしょう。カロリーも糖質も低いため、健康的に栄養を取り入れることができます。
ただし、青汁は野菜ジュースに比べると飲みづらい一面があります。少しでも飲みやすくしたい方は、口当たりがよく比較的飲みやすい大麦若葉100%の青汁を、牛乳や豆乳、飲むヨーグルトで割って青汁を飲んでみて下さい。美味しさが増すだけではなく、不足しがちなたんぱく質もとることができますよ。

野菜が苦手な人は飲みやすい「野菜ジュース」がおすすめ

野菜不足で悩む方のなかには、忙しくて調理する時間がないというだけでなく、野菜自体が苦手という方もいらっしゃるでしょう。そもそも野菜が苦手で食べられないという方の栄養補給には、青汁よりも野菜ジュースがおすすめです。
野菜ジュースには果物や糖分が含まれているものも多いため、野菜が苦手な方でも飲みやすく、毎日の野菜不足を補いやすいのではないでしょうか。野菜ジュースに含まれる栄養成分は、青汁に比べると若干劣る面もありますが、もちろん野菜ジュースにも栄養は多く含まれています。
ただし、野菜ジュースには落とし穴があります。糖分が多く含まれた野菜ジュースの場合、甘さがあるので青汁に比べると飲みやすいテイストです。甘くておいしい野菜ジュースは、ついつい飲み過ぎてしまうこともあるかもしれません。ですが、糖分を多く含む野菜ジュースの飲み過ぎは、糖質過多になる可能性を秘めています。飲み過ぎには十分注意するようにしましょう。

野菜が苦手な人は飲みやすい「野菜ジュース」がおすすめ

青汁で野菜不足を補うなら飲むタイミングはいつがおすすめ?

野菜不足を補う目的で青汁を飲む場合、飲むタイミングが気になる人も多いはずです。
野菜不足でお悩みの方は、朝に青汁を飲むことをおすすめします。人間が栄養を最も吸収しやすい時間帯は朝だといわれています。
人の身体は眠っている間にも絶えずエネルギーを消費したり、身体の修復を行ったりしています。そのため、日中に摂取した栄養は、眠っている間にも身体の活動に使われ、朝起きたばかりの身体は栄養が枯渇している状態です。
つまり、朝の身体に取り入れる栄養は、枯渇した身体にその栄養成分がしっかりと行き届きやすくなるということになります。野菜不足にお悩みの方は、ぜひ朝食と一緒に一杯の青汁を飲んでみてください。

最後に

忙しい生活を送っていると、食事が簡易的なものになってしまい、野菜不足を実感している人も少なくはありません。青汁は、栄養成分が豊富に含まれ、かつ手軽に飲むことができる飲み物です。昔に比べ、飲みやすい青汁商品も多く市販されていますので、野菜不足でお悩みの方は自分にあった青汁を探してみてはいかがでしょうか。1日の不足した栄養素を補うことができるはずですよ。
ただし、青汁商品のなかには糖分が多く含まれるものもあります。野菜不足を補うために毎日飲む青汁は、大麦若葉100%の青汁など、糖分が含まれていない青汁を選ぶことをおすすめします。