コラムcolumn
品質管理

青汁は子供に飲ませていいの?いつからなら大丈夫?

青汁にはビタミンやミネラル、食物繊維などさまざまな栄養素が豊富に含まれています。青汁の健康成分はお子様の健やかな成長をサポートしてくれますが、実際にお子様に飲ませるとなると「いつから飲ませて大丈夫?」とお悩みの親御さんも少なくないかもしれません。お子様に青汁を飲ませていいのは何歳から?ここでは、そんな素朴な疑問にお答えするとともに、お子様におすすめの飲みやすい青汁ちょい足しレシピをご紹介します!

青汁は子供に飲ませていいの?いつからなら大丈夫?

青汁は子供にいつから飲ませて大丈夫?

お子様の健やかな成長をサポートしてくれる青汁。青汁はお子様にもおすすめしたい飲み物ですが、様々な栄養成分が含まれているのからこそ、デリケートなお子様の身体にどんな影響があるのか気になりますよね。「お子様や赤ちゃんには飲ませて大丈夫なの?」「逆におなかを壊したりしない?」と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。そこで、青汁はお子様にいつから飲ませて大丈夫なのか、解説していきます。

青汁に年齢制限なし!子供でも大丈夫

青汁は食品ですので、サプリメントのような年齢制限は基本的にありません。そのため、小さなお子様に飲ませても問題ないと思っていただいてかまいません。特に、幼稚園前後のお子様となると食事の好き嫌いもはっきりしてきて、野菜をあまり食べなくなってしまうこともありますよね。お子様の健やかな発育に必要な栄養素が多くまれている野菜ですが、野菜だけで全ての養素を摂取しようとすると、野菜嫌いなお子様に食べさせるのはかなり大変な量になってしまいます。青汁を上手にお子様の食生活に取り入れることで、無理なく足りない栄養素を補うためのサポートになるでしょう。
離乳食直後の1歳未満のお子様に青汁を飲ませる場合には少し注意が必要ですが、少しずつ食事と一緒に飲ませてみて、味を嫌がったりおなかを壊したりしなければ、続けてみるといいでしょう。

青汁に年齢制限なし!子供でも大丈夫

青汁に年齢制限はないが、子供に青汁の味はどう?

お子様の多くは苦味や辛味のような味が苦手です。大人とお子様の味覚は大きく異なるため、大人はそれほど気にならない味でも、お子様は繊細に感じ取ります。ですので、野菜嫌いなお子様の場合、もしかすると青汁特有の苦味や青臭さをより敏感に感じ取ってしまうかもしれません。
保護者の方はまず、お子様がどうしたら青汁を飲みやすくなるのかを考えてみてください。中にはフルーツなどの入った甘みのある味の青汁もありますし、青汁にお好みの飲み物やフルーツを加えて味を変えるのもいいでしょう。
青汁は薬のようにすぐ効果が現れる食品ではなく、毎日飲むことでその健康サポートをしてくれる食品です。お子様の好きな味を考慮してあげて、飲みやすい青汁の飲み方を考えてあげましょう。

青汁は子供の便秘や下痢にもいい?

お子様の健康サポートにおすすめの青汁ですが、青汁といえば便秘の解消に効果的というイメージがありますよね。お子様が便秘気味という場合、青汁はお子様の便秘にも良い働きをしてくれるのでしょうか?他にも、青汁がお子様に与える影響・効果についてお話します。

青汁は子供の便秘や下痢にもいい?

大人の場合は青汁を飲むことで腸内環境が整うため、便秘や下痢にも効果的といわれる青汁ですが、青汁はお子様の便秘に対してもよい働きをしてくれます。効果的といわれています。
青汁には食物繊維が非常に豊富に含まれています。そのため、野菜嫌いで食物繊維が不足しがちなことが原因で便秘になってしまうお子様にとって、青汁はとてもおすすめな食品なのです。食物繊維は“おなかのお掃除係”といわれることもある成分。お子様の便秘解消にも、きっと効果的に働いてくれるでしょう。
一方で、下痢しやすいお子様や離乳食中・離乳食終わりたてのお子様に青汁を飲ませる場合は注意が必要です。青汁の食物繊維がおなかをかえってゆるくしてしまう可能性もあるので、少量ずつ様子を見ながら飲ませるようにしましょう。

野菜嫌いで食物繊維が不足しがちなお子様におすすめ

まだまだある!子供の身体への青汁の健康効果

青汁には食物繊維のほかにもビタミンやミネラル、カルシウムや鉄分などの成分が豊富に含まれています。そのため、お子様の身体を健やかに育てる栄養成分を、1杯の青汁から効率的に摂取することができます。カルシウムは歯や骨の形成には欠かせない成分です。ミネラル、特に鉄分は集中力を高めるために役立つ成分ですので、お子様たちがお勉強をがんばるためにも必要な栄養素と考えられます。
野菜が苦手なお子様でもこれらの成分を効率的に摂取できる青汁は、大人だけでなくお子様にもおすすめの飲み物です。お子様が飲みやすい方法を選んで、日ごろの食生活に取り入れていきましょう。

身体を健やかに育てる栄養成分を効率的に摂取

子供におすすめ!青汁の飲みやすい“ちょい足し”レシピ

お子様の健康な成長をサポートしてくれる青汁ですが、大人でも「青汁は苦くて飲みにくい」「青臭さが苦手」という方は少なくありませんよね。お子様ならなおさらです。ここからは、お子様が飲みやすくおいしく飲めるおすすめの“ちょい足し”レシピをご紹介します!

朝ご飯にぴったり!豆乳はちみつ青汁

青汁を水ではなく豆乳で溶いて作る豆乳青汁。豆乳のまろやかさで青汁の青臭さが緩和されて、お子様でも飲みやすくなるはずです。青汁粉末を豆乳で溶くだけ、簡単に作れるところもいいですね。豆乳ではなく牛乳で溶いても飲みやすいです。
豆乳や牛乳にはたんぱく質が豊富に含まれているため、小食なお子様が手軽にエネルギーを摂取できる朝ご飯メニューとしても最適です。もちろん忙しい社会人さん、ダイエットが気になる女性の朝ご飯にもおすすめです。
それでも飲みにくいな…と思ったら、はちみつやメープルシロップ、オリゴ糖を加えるのがおすすめ。甘く飲みやすくなるので、お子様もきっと喜んで飲んでくれるでしょう。はちみつを加える場合、1歳未満の赤ちゃんには与えないようにしてくださいね。

朝ご飯にぴったり!豆乳はちみつ青汁

フルーツジュースを加えてフルーツ青汁に!

牛乳や豆乳が苦手なお子様には、フルーツジュースと混ぜてフルーツ青汁にしてあげるのはいかがでしょうか。果物の優しい甘さと酸味が加わることで、口当たりがやさしくなります。後味の苦味や青臭さが苦手…という大人の方でも、フルーツジュースを加えることで後味がよくなって飲みやすくなるかもしれませんよ!
そのまま混ぜるのもおいしいですが、ヨーグルトドリンクも合わせてあげることでさらに飲みやすくなるでしょう。

フルーツジュースを加えてフルーツ青汁に!

おやつにおすすめ!青汁バナナスムージー

ちょっとおしゃれなおやつにおすすめなのが、青汁バナナスムージー。ミキサーにバナナと青汁、水または牛乳を加えてスイッチをONするだけの簡単レシピです!
豆乳にバナナを加えるだけで、まろやかなグリーンスムージーのようになり飲みやすさがアップします。おなかも膨れるので、1度にたくさん食事ができない小さなお子様のおやつにはちょうどいいレシピです。

おやつにおすすめ!青汁バナナスムージー

最後に

青汁はお子様にもおすすめの健康ドリンクです。もしもお子様が飲みにくさを感じるなら、今回おすすめしたちょい足しレシピなどで、飲みやすい方法を試してみてください。お子様が飲みやすい味を一緒に探してみて、毎日飲み続けることが大事になります。今回ご紹介したレシピ以外にも、「蒸しパンの生地やクッキーの生地に混ぜて焼く」「牛乳を多めに入れて寒天でゼリーにする」など、おやつに混ぜるのもおすすめです。おいしいおやつで日ごろ不足しがちな栄養素を摂取できるならうれしいですね。「お子様が野菜を食べてくれない…」「お子様が便秘がちで心配」と悩んでいらっしゃるなら、毎日の生活に青汁を取り入れてみませんか?