コラムcolumn
品質管理

青汁ダイエットの効果を最大限に引き出す方法

飲むタイミングと時間帯に注目しよう

青汁ダイエットを成功に導くために、「飲む時間帯」がとても重要になってきます。また体の構造や仕組みを理解することで、ダイエットをより成功させることができるので、下記の2点の理解を深めておきましょう。

1.空腹は大敵!
空腹時は体内のエネルギーが切れている状態です。この状態が続くのは「飢餓」と同じな為、体だけでなく精神的にも高ストレスを与えてしまうため注意してください。また体に悪影響を与える側面としては、体内のエネルギーが切れると筋肉を分解してエネルギーに変換してしまうため、体内の筋肉量が低下し、基礎代謝が一気に減少します。これにより太りやすい体質になるので注意してください。

2.早朝に必ず摂取する
目覚めた状態はほぼ体内のエネルギーがない状態なので「飢餓」に近いです。そのため、このままで活動すれば上記で述べたように筋肉を分解し、太りやすい体に変化させてしまう危険性があります。これを防ぐには、食事よりもすぐに吸収されやすい栄養価の高い青汁を吸収することがオススメです。
また目覚めてから飲むことで、体中に栄養素がいきわたるため、1日の良いスタートを切ることができます。

まずは上記で説明したように、飲むタイミングと空腹について理解しておくことがダイエットを成功させる為にはとても大切です。

青汁をより活用する飲み方を導入しよう

太る流れはとても簡単。食事によるカロリーを上手に消費できなければ体に蓄積されてしまい、それが脂肪となって体にまとわりついてしまいます。食事によるカロリーを効率よく燃焼し、脂肪を蓄積させなければ太ることはありません。実は青汁に含まれている栄養素により、「脂質」「糖質」等を上手にエネルギーに変換してくれる作用が期待できます。青汁を飲むということで、食物繊維による腸内への働きを含め、体質変化を促すことができる為、ダイエットの味方になります。

そして青汁をさらに活用するオススメな方法をご紹介します。

1.豆乳と組み合わせる…豆乳には豊富な植物性たんぱく質が含まれており、低脂肪・高たんぱくがポイント。また大豆の成分であるイソフラボンが体内に入るとエストロゲンという成分に変化しますが、このエストロゲンは女性ホルモンと同じ働きをするため、ダイエット中のイライラやストレスの緩和に役立ち、ダイエット効果を高めてくれる働きが期待できます。

2.果物ジュースと組み合わせる…果物ジュースといっても果汁100%に限りますが、果物を調理する手間を省きながら栄養素を摂取できるのでオススメです。
果糖はエネルギーに変換されやすく、目覚めた直後の早朝には最適です。注意としてはオレンジジュース等などは果糖=糖分が若干高くなるので、飲むタイミングを朝食に留めることが重要です。

このように青汁と何かを組み合わせることでさらに効果を高めることができます。

正しい食生活と、そのサポートとしての青汁があることを理解しよう

ダイエットは本来「健康な状態」を維持しながら体を絞っていく作業のことであり、食事を抜く、1日1食生活などの極端な食事制限といった間違ったダイエットは心身に与える影響も大きく、避けなければいけません。青汁によるダイエット効果を高める為には「食事」「生活習慣」「青汁」の組み合わせを意識し、全てにおいてバランスの良い状態を保つことが何よりも大切だということを確認してください。

正しい食事習慣、適切な運動に、それらのダイエット生活を補助する役割としての青汁。決して青汁だけを飲むといった「極端な置き換えダイエット」などに走らず、正しい食生活と、そのサポートとしての青汁があることを理解して活用しましょう。

青汁を習慣化しよう

青汁のメリットは何より手間がなく簡単に続けられるということ。誰もがいつでも気軽に始めることができます。栄養価の高い青汁を飲むことは、ダイエットを成功させるだけでなく、生活習慣そのものへ良い影響が期待できますね。